Amebaニュース

若い人にも急増中?! 内科医に聞く、浴室で起こる「ヒートショック」の対策法

2月3日(水) 14:40



暖房が効いた室内から寒い脱衣所へ移動して服を脱ぎ、熱い湯船にドボン……という流れに心当たりはありませんか? 内科医でかつ、大阪府内科医会副会長、泉岡医院(大阪市都島区)の院長、泉岡利於(いずおか・としお)さんは、「そのような気温の急激な変化は、血圧を大きく変動させて体に負担をかけ、『ヒートショック』と呼ぶ症状をまねきます」と注意を促します。くわしいお話しを聞いてみました。


■熱い風呂好き、一番風呂好きは要注意

――ヒートショックとは、どのような症状が起こるのですか?

泉岡医師  身近な例として、暖房が効いた部屋から寒い廊下やトイレへ行くときにブルブルッと身震いする、熱い湯に入ると手足がピリピリとしびれる感覚を経験したことがあるでしょう。これは、体が体温を一定に保とうとして、血管や脈拍が変動を起こしているためです。暖かい場所から寒い場所へ移動すると、体から熱が奪われないように血圧が上昇し、心拍数が増加します。すると、めまいや立ちくらみ、動悸(どうき)が起こりやすくなってしまいます。
また、体が冷えた状態から熱い湯に長く入って体が温まると、血管が拡張して血圧は急激に下降します。このとき、急な眠気や失神、さらには、脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞を起こす可能性があり、死に至るケースも多くあります。
そういう発作的症状にならずとも、吐き気、おう吐、頭痛、胃痛、下痢などが起こる可能性もあります。これらが「ヒートショック」と呼ばれる病気です。

――中高年に多い印象がありますが、若い人でもヒートショックを起こすのでしょうか?

泉岡医師  はい、起こりますし、増えています。血圧の変動を受けやすい、次のような特徴がある場合は要注意です。

・肥満やメタボ、またその予備群
・お酒を飲んで風呂やサウナに入る
・一番風呂に入ることが多い
・熱い風呂やサウナが好きだ
・湯船には首まで浸かって、長湯をするのが好きだ
・高血圧や糖尿病と診断されたことがある・脱衣所や浴室に暖房器具がない

――温泉旅館に出かけると、取りやすい行動でもありますね。

泉岡医師 仕事で疲れているときに土日に寒い地方へ旅に出て、長時間運転してやっと旅館に着いて露天風呂に飛び込む、おなかいっぱいに夕食を食べて酔っぱらって熱い温泉に入る、また、早朝からゴルフに出かけてサウナと水風呂に交互に入る、冷えるトイレでいきんだなどで、ヒートショックを起こす人は多いです。

■食後・飲酒後すぐの入浴は避ける。浴室を温めてから入る

――ヒートショックを防ぐためには、どのような点に気を付ければいいですか?

泉岡医師  「温度差をなくす」ことが大切です。服を脱ぐ前に脱衣所を暖かくしておき、浴室の床や壁に温かいシャワーをかけて浴室を暖めてから入浴しましょう。
また、寒いからといきなり湯船に入るのではなく、手足など心臓から遠い部位からかけ湯をして、少しずつ体を温めます。38~40度くらいのぬるめの湯に足からゆっくりと入ってじんわり体を温めてください。
湯船から出るときはゆっくりと立ち上がり、すぐにバスタオルで体を包んで熱を逃がさないようにします。
また、食後や飲酒後は血液が消化器官に集まって血圧が下がりやすいので、すぐの入浴は避け、「食後は1時間以上経ってから、飲酒後は控える」ようにしましょう。

――ありがとうございました。

太り過ぎ、お酒、旅先の熱い温泉……。温度差が体に負担をかけて、ヒートショックを引き起こす可能性があるということです。寒い季節、自宅だけではなく旅先でも、急に体が冷えないように、温め過ぎないようにして、お風呂の入り方には十分に気をつけてくださいね。

(岩田なつき/ユンブル)

取材協力・監修 泉岡利於氏。医学博士。内科医、大阪府内科医会副会長。医療法人宏久会泉岡医院院長。泉岡医院 大阪市都島区東野田町5-5-8 JR/京阪電鉄京橋駅中央出口から徒歩7分http://www.izuoka.com/

【関連リンク】
学生に増える高血圧! 臨床内科専門医に聞く、薬に頼る前に注意したいポイント5つ
布団に入っても寒い……辛い「冷え性」を乗り切るための対処法5つ「ホットウイスキー」「ハバネロどんぶり」
アルツハイマー予防にも? ロボットとの触れ合いが「免疫」を高めるってほんと?
管理栄養士が教える! ダイエット中や偏食の人は「鉄欠乏性貧血」に注意したほうがいい理由
マイナビ学生の窓口

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ