Ameba News

立命館大学、学部生の制作映画がデルタ航空のプログラムに採用

1月20日(水) 23:09






立命館大学映像学部の制作したオムニバス映画が、デルタ航空の機内で上映されることが決定した。エグゼクティブクラスのプログラムにラインナップされる。

上映されるのは、同大客員教授で映画監督の中島貞夫氏の監修の下、学生が制作したオムニバス映画『嵐電の街、ひと模様』。

映像学部では、学生が自ら制作した作品を、世界中のバイヤーに販売交渉をしている。2015年3月に香港フィルマートに出展した際にバイヤーの目に留まり、販売代理契約を締結した。各国航空会社との交渉が進み、デルタ航空機内上映プログラムにラインナップされた。

■作品概要 『嵐電の街、ひと模様』(2013年、全94分)
予告編映像 https://youtu.be/W2AgH1XHN_A

▼本件に関する問い合わせ
立命館大学 映像学部事務室
担当:松岡


TEL: 075-465-1990

【関連リンク】
金欠彼氏必見!都内でお金を掛けずに楽しめるタダラブ的デートスポット5選
大学生に聞いた! あなたのトラウマ映画Top5
こんなにもある! 若者の◯◯離れまとめ!
“ロマンスカー”で限定販売!大島優子主演の映画「ロマンス」と「PALETAS(パレタス)」コラボで登場したアイスバー『スイカ×ロマンス』
マイナビ学生の窓口

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ