Amebaニュース

【紅白リハ】メガ幸子は恥ずかしがり屋?「びっくりしちゃった」

12月30日(水) 18:04

提供:
■『第66回紅白歌合戦』リハーサル2日日(30日、東京・渋谷 NHKホール)

【写真】小林幸子、“桜”をモチーフにした紅白衣装の一部を公開

 4年ぶりに紅白に帰ってきた小林幸子が、6年ぶりにNHKホールで巨大衣装“メガ幸子”をお披露目するも、途中で“故障”するハプニングに見舞われた。小林は「びっくりしちゃって…」と目を丸くしながらも「7年ぶりにあんまりフラッシュをたかれちゃったものだから恥ずかしかったみたい」と笑わせた。

 番組終盤パート前の「特別企画」で登場する小林は、ボーカロイド・初音ミクの「千本桜」を歌唱。サビに向け、純白のドレスを着た小林が上昇するとともに後ろから登場するはずだったメガ幸子が上昇後、3秒ほどで降下し、元に戻ってしまった。

 過去には本番で衣装が“故障”したこともあることから「リハーサルで完璧でも本番で失敗していますから、よかったです」と言いつつも、「でも明日は明日でわからないですからね」と不安も残した。

 衣装は全体で横幅7.2メートル、重さ5トン。メガ幸子は9メートルまで上昇し、小林の目線は5.5メートルまで上昇する。メガ幸子は髪飾りの照明などをリニューアルし、ネオ幸子として降臨する。小林は最後まで「皆さんも祈っていてください。すごくドキドキしています。人力で上げるわけにはいかないので」と苦笑していた。

 当日は、小林が「ラスボス」としてネットユーザーに親しまれるきっかけとなった『ニコニコ生放送』とコラボレーション。小林の後ろに広がるLEDの羽根や巨大なモニターには、ニコ生名物のコメントを流す“弾幕”演出が行われる。


【関連記事】
【写真】小林幸子と激突! 新・衣装の女王は「火の鳥」モチーフ
【写真】過去の紅白では…総重量3トン「メガ幸子」が君臨
<この人は…>和田アキ子、小林幸子に「苦手意識ない」 (15年12月29日)
小林幸子、生歌唱中に宙に舞う ネットで「まだ紅白じゃないのに」「浮いた」と話題に (15年12月15日)
【フォトギャラリー】ゲストの寺田心くんもポーズ! 公開リハ&取材会
ORICON NEWS

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ