Amebaニュース

竹内涼真「阿部寛さんから『良かった』と褒められた」 「恋愛禁止とかは一切ない」

12月19日(土) 15:24

提供:
 俳優の竹内涼真が19日、自身のカレンダーの発売を記念して、東京都内でイベントを行った。

 「仮面ライダードライブ」に主演したことで一気に知名度を上げた竹内は、完成したカレンダーを見て「一回り大人になったというか、顔つきが変わってきたかな」と満足げな表情を浮かべた。

 セクシーなシャワーシーンのページもあるが「マネジャーさんに『脱いどこうよ、一枚ぐらい』って言われて…。まあ、(自分も)普通に“やってやろう”という感じでしたけど」とはにかんだ。

 20日に最終回を迎える人気ドラマ「下町ロケット」では、佃製作所の若手技術者・立花洋介を演じている竹内。ドラマについては「最初にクランクインした時に、第1話の阿部寛さんの演説のシーンがあって、正直ヤバイなって思った。こんなすごい現場に、まだ何もできない自分が入ってしまって…という焦りがあった」と明かした。

 「何か盗めるものはないかと思いながら毎日現場に臨んでいた」という竹内は「阿部さんや安田顕さんのお芝居のポイントで、こういうのを自分なりに使ってみようかなと試したりもしました」と現場で勉強を重ねたという。

 その結果「9話の結構大変なシーンが終わった後に、阿部さんから『良かった、ありがとう』と言ってもらえて。その時はすごくうれしくて、ささやかではあるけど少し自信にもなりました」と語った。

 来年の目標については「自分でも(仕事は)順調だと思っているけど、『運がいいね』と言われることが多い。そう言わせないぐらいの実力と技術を少しずつ身に付けていきたい」とコメント。

 プライベートについては「この前“週刊誌デビュー”を果たしたんですが、それが『仮面ライダーチェイサー』の打ち上げの時のもので全然面白くない。大したことがないところを撮られて悔しかった」と明かし、「来年は、すごいスクープがあればいいな。僕も男ですし恋愛禁止とかは一切ないので、いい報告ができたら。多分無いですけど」と笑った。

【関連記事】
竹内涼真、仮面ライダー“卒業”に感無量 「10年後にまたみんなで帰ってこられたら」
阿部寛、主演ドラマを見て「本当に泣きました」 土屋太鳳「男性の物語だからドキドキする」
竹内涼真、仮面ライダーにカムバック宣言! 「僕がもっとビッグになって戻ってきたい」
竹内涼真、20年後は「結婚はしてるかな」 「3人の子どもに構ってもらいたい!」
阿部寛、演技者としての使命語る 「若い人に戦争はいけないことと伝えないと」
TVfan

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ