Amebaニュース

急増中注意! 内科医に聞く、風邪ではないのにのどに激痛、発熱する「溶連菌感染症」とは

12月1日(火) 17:10




頭痛や発熱、のどの痛みなど、風邪とよく似た症状の「溶連菌(ようれんきん)感染症」をご存知ですか。国立感染症研究所の調査(2015年第45週・11月11集計)では3週連続で増加し、過去5年間の同時期と比較してかなり多いレベルで流行していると報告されています。

内科医で泉岡医院(大阪市都島区)の泉岡利於(いずおか・としお)院長は、「一般に子どもがかかりやすいとされてきましたが、2015年から大人の感染者数が急増しています。高熱の期間は感染力が強く、条件によっては学校で出席停止の措置が必要とされる病気です」と話します。風邪との違いや対処法を聞きました。

■風邪とは違ってせき、くしゃみ、鼻水は出ない

溶連菌感染症について、泉岡医師は次のように説明します。

「原因は、『溶血性連鎖球菌(ようけつせいれんさきゅうきん)』という細菌です。主に、溶連菌感染症にかかった人のせきやくしゃみ、つばなどのしぶきから他人ののどや手足の傷口に入って感染します。

潜伏期間は2~5日間で、発症すると38度以上の高熱やのどの痛みが現れます。頭痛や下痢、おう吐、全身のけんたい感、関節の痛みなど風邪とそっくりな症状に加えて、手足に発疹が出ることが多いんです。ただし、風邪とは違ってせきやくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどはなく、とにかくのどが強く痛み、『急性咽頭(いんとう)炎』や『急性へんとう腺炎』の症状が出ます。

疲れがたまって免疫力が低下しているときは、大人でも感染しやすい病気です。特に免疫力がまだ乏しい10~20代は注意してください。

冬季に流行しやすいため、寒い時期にのどが痛むがせきは出ない、でも熱があるという場合は治療をすると同時に、人にうつす可能性があるので、学校や会社を休む、最低マスクをする、自宅でも家族にうつさないように気を配りましょう」

溶連菌感染症に感染したかどうかは、どうすればわかるのでしょうか。

「医療機関に診断キットがあれば診察当日に検査が可能で、約15分で結果が分かります。また、『咽頭(いんとう。のどもとのこと)や口蓋垂(こうがいすい。のどちんこのこと)周辺に出血性の赤い斑点が現れる』、『イチゴ舌といって、舌に赤いぶつぶつが見える』と、溶連菌感染症が強く疑われます」と泉岡医師。

■風邪薬を飲んでも治らないので注意

そういう症状になった覚えがあります。一般の風邪とは処方される薬が違いますよね。

「溶連菌感染症と判明した場合は、抗生物質を服用して治療します。おおむね、薬を飲み始めて1~2日で熱は下がり、のどの腫(は)れや痛みも治まります。

重要なのは、医師の指示通りに抗生物質を服用し続けることです。自覚症状がなくなったからといって抗生物質を飲むのをやめると、再発する可能性が高いんです。

また、心臓弁膜に障害などを起こすリウマチ熱や、急性糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)といった重とくな合併症を起こす恐れがあるので注意しましょう」(泉岡医師)

予防する方法について泉岡医師は、
「ワクチンがないので、風邪やインフルエンザを予防するときと同様に、手洗いとうがいが基本です」と説明し、最後にこうアドバイスを加えます。

「溶連菌感染症は細菌が原因なので、抗生物質を服用しないと治ゆしません。風邪だと思い込んで市販薬の風邪薬を服用しても意味がないので、のどが激しく痛む場合や、手足に発疹ができた、手足の傷から発熱したなど、いつもと違う症状があれば早めに内科を受診してください」

食事を飲み込むにも、声を出すにものどが痛むなどの症状があれば、それはこの病気の可能性が高いようです。細菌による痛みだと察して医療機関に急ぎましょう。

(岩田なつき/ユンブル)

取材協力・監修 泉岡利於氏。医学博士。内科医、大阪府内科医会副会長。医療法人宏久会泉岡医院院長。

泉岡医院 大阪市都島区東野田町5-5-8 JR/京阪電鉄京橋駅中央出口から徒歩7分

http://www.izuoka.com/

【関連リンク】
臨床内科専門医に聞く。アレルギー性鼻炎を和らげる食事とは?
医師はマスクを部屋のゴミ箱に捨てない。内科医に聞く、風邪予防法の間違いとは
臨床内科専門医に聞く。風邪対策にいい栄養成分とは?
臨床内科専門医に聞く。汗のにおいを強める、抑える食材とは!?
マイナビ学生の窓口

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ