Amebaニュース

彼がお母さんと迎えに来る?帰国子女が教えるアメリカの「初デート」の常識

10月28日(水) 11:31

▼アメリカの初デートがオープン過ぎる!?
 
アメリカでは「初デートが小学生」って早熟な話も聞きますが、中学生が平均的な初デート年齢。
男の子が好きな女の子を食事に誘ったりして、初デートが成立するんです。
同級生、同じ部活、先輩後輩とか学校関係での出会いが多いです。
この辺りまでは、日本と同じです。

日本の初デートって言うと、恥ずかしさからひっそりと行われるのではないでしょうか?
筆者の初デートは、目立たない場所で待ち合わせをして、歩いてファーストフードに行って、割り勘でハンバーガーを食べた思い出があります(笑)

アメリカの「初デート」は、超オープン!!

男の子は、初デートに誘いたい?誘った?話は、家族と食事時に普通に会話しちゃいます。
何で?
家族総出で手伝うからです。

初デートの費用は、男の子が支払うのが一般的。
しかーし!アメリカの中学生は、お金を持っていません。
日本ではお小遣いから初デート費用が捻出されますが、アメリカにはお小遣いの概念はあまりないです。
初デート費用は両親から借りたり、家事を手伝ってお金を貰ったりします。

両親から初デート前に、女性のエスコートの仕方を学びます。
息子が母親の椅子を引いたり、
ドアを開けたりする練習をする家族もいるから驚き!

車社会のアメリカでは、好きになった女の子の家まで車で1時間。ファーストフード店まで30分ドライブなんて普通。
中学生の行動範囲では、そんなデートは不可能なので男の子側の家族が女の子を迎えに行くのがルール。

両親が仕事で立ち会うことができない場合は、祖父母の運転でお迎え行くこともあります。だから、秘密の初デートはありません。




▼実際の「初デート」はどうなっちゃうの?
 
一般的な流れは、男の子が家族に頼んで二人で一緒に車に乗って、女の子を迎えに行きます。ドライバーがいて、後部座席に二人で座ります。ドライバー役の家族は女の子に興味津々なので、いっぱい質問されちゃいます(笑)
目的地で二人を下ろしたドライバー役の家族は、数時間後に戻ることを約束して「あとは若いお二人で……」状態に!

ファーストフード店のデートだと、男の子が女の子におごってあげて、お食事がスタート。
おしゃべりを楽しんで、タイムアップでお迎えが来て解散という流れが一般的。

デート後に、男の子がお礼の電話をしたりして、恋愛モードが加速していくんです。その後の恋愛相談は、兄弟や家族に気軽にします。

初デートから家族から英才教育を受けるアメリカ人男性
初デートに隠れて行く日本人男性
アメリカ人男性の方がエスコート上手と言われる理由かもしれません。


(Aida Minamoto/メディカルエステラボ)



【おすすめ記事】
■28歳・女性が働く街「新宿」。地元のような都会でひっそり咲く美容女子のリアルな生態 〜東京乙女これくしょん〜
■モテない理由が発覚!?スマホブスを作る「スマホ依存症」をセルフチェック
■起き抜け口臭問題勃発!「朝起きてすぐキス」できない理由は”ポカン”にあった
■【男子禁制】寒い夜は、オナ禁効果で”女の芯”からHOTになろう!読者からの体験談【閲覧注意】
■万年便秘さん必見!消化器内科ドクター秘伝「手刀マッサージ」で朝から「ドドドドッ!!」




メディカルエステラボ

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ