Amebaニュース

佐賀県、新愛称「九州佐賀国際空港」策定ととも戦略的広報事業実施へ

10月28日(水) 10:45

佐賀県、新愛称「九州佐賀国際空港」策定ととも戦略的広報事業実施へ
佐賀県は10月26日、佐賀空港の愛称を「九州佐賀国際空港」と定めるとともに「『九州佐賀国際空港』戦略的広報事業」を実施することとし、業務委託先を選定するための企画提案募集を発表した。

佐賀県は9月に策定された「佐賀空港がめざす将来像」を目指し、北部九州(佐賀県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県)を中心とした九州全域において、佐賀空港の利便性の高さ(良好なアクセス、豊富なLCC路線、無料駐車場等)の認識を高める試策として、愛称を「九州佐賀国際空港」と定めた。これにあわせて九州北部における佐賀空港の露出を高め佐賀空港利用者数増加につなげるため、「『九州佐賀国際空港』戦略的広報事業」を実施する。

委託業務内容は、3年程度の広報戦略の策定、「九州佐賀国際空港」キャッチコピーやロゴマーク作成、「九州佐賀国際空港」の新愛称発表に係る広報業務、新愛称発表から2016年3 月31日までに実施する広報業務(「九州佐賀国際空港」使用キックオフイベントの企画・運営、パネルディスカッション抄録の記事広告(または記事体広告)の作成および掲載、プロモーションの企画および実施、各種広報ツール作成)の実施を求めている。

業務委託期間は契約締結の日から2016年3月31日までで、委託料は3,958万5,000円(消費税額および地方消費税額を含む)を上限としている。事前説明会は10月30日14時より、佐賀県立図書館会議室を実施する。参加は自由であり、企画競争への参加にあたって同オリエンテーションへの参加は必須ではない。

【関連記事】
春秋航空日本の覆面取材で見えた国内LCCの今--ボーイング機運航にも理由あり (1)
国内初にして最大となる空港運営権売却で、関空・伊丹はどう変わるのか?
エアアジア・ジャパン初号機披露! 眠らない中部空港で2018年黒字化へ - 写真24枚
羽田と成田のアクセス改善競争・地上編のゆくえ - 格安バスに都心直結線も (1)
LCCの価値観を変えるターミナル! 成田空港第3ターミナルの全貌--写真41枚
マイナビニュース

国内新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

国内アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ