Amebaニュース

世界を救う? スマートロードWattway誕生

10月27日(火) 22:45

提供:
小さな子供が思い描く未来の町には、たいていハイテクがいっぱい詰まっています。ボタンを押すだけで出てくる美味しい料理。時間も空間も飛び越えられる乗り物など。そんなアイディアをたくさん並べた子供も、もう少し大きくなってくると、エネルギー問題に目が向くようになります

テクノロジーとエコロジー 中学に入った息子が、先週理科の授業で制作した「未来の町」は、ハイテクタウンというよりは、ソーラーパネルや風車、水車が勢ぞろいした「エコヴィレージ」に近いものでした。来月30日からパリで開催予定のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)を前に、子供たちの頭の中でも、未来と絡んで「エネルギー問題」が大きな位置を占めているようです。実際、自然エネルギーをいかに効率よく利用するかは、スマートシティを考える際のネックでもあります。

20151027_wettway2.jpg

© COLAS - Joachim Bertrand

そんな中、今月13日、フランスColas社が発表したソーラー・ロード「Wattway」は、まさしく未来の町の救世主となりえるもので、注目を集めています

世界初のソーラーロード いうなれば、道路がそのままソーラーパネルの機能を果たすのです。悪天候にも、車の走行にもびくともしない丈夫さは、既存のソーラーパネルとは比べ物にならない頼もしさ。5年かけて開発されたWattwayは、薄い敷石のような形で、簡単に道路上に貼ることができます。同社によれば、道路1キロメートルをWattwayで覆うだけで、5,000人規模の町の街灯に必要な電気エネルギーがまかなえる計算だそうです。また、20平方メートルのWattwayで、一軒の家に必要な電気(暖房以外)を供給できる見込みということ。

20151027_wettway3.jpg

© CEA_P.Avavian

〈Wattwayの上を歩く仏オランド大統領〉

すでにフランス国内三か所でテストされ、その実力は保証済みです。同社ではできるだけ早い商品化を目指し、ただいま手続き中とのこと。世界のエネルギー供給の常識を変えるかもしれないこの技術。未来に希望が見えるようなニュースで、嬉しくなりました。



© COLAS - Nomen - Arizona

今の小学生が中学生になる頃には、未来の町には、ソーラーロードが敷いてあるのが常識となっているでしょうし、もしかしたら、それより早く、フランスが、スマートシティを通り越してスマートカントリーに生まれ変わる日も近いのかもしれない、などと夢想しています。

[Wattway de Colas,Industrie & Technologies]



■ あわせて読みたい

注目のスーパーフード「ゴジベリー」でヘルシーに美しく
胸が自信につながる。「ながら美容」で美乳をつくる方法
自然とつながる、お茶の楽しみ
村上華子さんに聞く、おいしい毎日のつくりかた
大人の肌に美しさをもたらす「これだけ塗り」の充実スキンケア
MYLOHAS

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ