Amebaニュース

冬の人気料理といえば、やっぱり「鍋」 マンネリ打破に鍋パスタはいかが?

10月21日(水) 8:05

提供:
 秋風が吹き始めると、そろそろ「鍋料理」が恋しくなってきた~という食いしんぼさんも多いかも。キユーピーが、秋冬の鍋のシーズンにあわせて、子どもを持つママ106名を対象に「家族と鍋料理」に関する意識・実態調査を行ったので、参考にしてみよう。

 最初に昨年(2014年)の鍋事情について聞いたところ、家庭で作った鍋料理としては、「寄せ鍋」(90%)が最も多く、「水炊き」(59%)、「キムチ鍋」(55%)など定番の鍋料理が上位を占めた。それに「トマト鍋」(49%)、「カレー鍋」(37%)などの“洋風鍋”が続いている。

 では、今シーズンに作りたい、あるいは食べたい鍋料理は?と聞くと、トップは定番の「寄せ鍋」で、“やはり”と思わせる結果に。続く2位には「トマト鍋」がランクイン。子どもにも親しみやすい味のせいか、洋風鍋も人気上昇中のようだ。「〆(しめ)に入れる食材」も、雑炊やうどんなどに混じって「リゾット」「パスタ」という答えも並んでいる。

 さて、忙しいママたちにとって、鍋料理というのはとても魅力的。メリットや魅力として、「野菜・肉・魚などがバランスよくとれること」(86%)、「作るのに手間・時間がかからないこと」(83%)との回答が多く、「子どもが喜ぶこと」(67%)も上位に挙がっていることから、あらゆる角度から見て良いメニューと思われているのは明らか。

 ところが、そんな鍋料理にも悩みや不満がないわけではないみたい。鍋の味や具材などの好みが家族間で分かれるなどの理由で、“妥協”したことがある人は92%(ママたちは自分が食べたいものを諦めて夫や子どもを優先しているのよ~!)。 ほかには、「似たような味・具材の鍋を作りがちで、マンネリ化する」(56%)や、「大人・子どもで味・具材の好み、食べたい味・具材が合わないことがある」(53%)、「炭水化物(鍋の〆を含む)がないと満腹感に欠ける」(28%)といった悩みが挙げられた。

 そこで、キユーピーでは“マンネリ”などの悩みを持つママたちに、「キユーピー3分クッキング 鍋パスタ」シリーズを家庭で試してもらった上で、感想などを調査した。

 「鍋パスタ」で魅力に感じたポイントとしては、「作るのが簡単だったこと」(91%)、「パスタを下ゆでしなくても作れること」(90%)、「子どもが好きなソースの味わいだったこと」(86%)、「子どもが喜んで食べてくれたこと」(83%)といった回答が上位に並ぶなど、鍋料理を魅力的に感じているママたちを満足させる結果に。

 さらに、「鍋パスタ」シリーズの特長である、下ゆでなしでパスタ(乾麺)が使える点については「下ゆでの手間がかからないのが便利」(97%)、「普段、鍋料理を作るときよりも準備などの時間が短縮できた」(58%)など時短の面だけではなく、「鍋に乾麺を入れるだけなので、子ども・夫でも作れそう」(68%)といった回答も多かった。99%のママが今シーズン「活用したい」と回答した「キユーピー3分クッキング 鍋パスタ」。今年の鍋料理のマンネリ対策としてお宅でもどう?



【関連記事】
ザクザクの新食感は揚げて焼く!?  秋の新作KFC焼きフライドチキン
米国では“食べる美容液” 『かがやケール』でカラダをキレイに!
イタリア人が認めないパスタ  気にせず新発売!! 
2時間並んでも食べたい!  ラーメン女子絶賛のメニュー復活
寒い冬は、やはり温かい鍋!  あなたが好きな具材は何?
OVO

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ