Amebaニュース

薬剤師に聞く。市販の目薬の選び方の疑問を検証!

10月18日(日) 14:35

目が疲れる、充血する、目の中がゴロゴロする、乾燥する……など、目に不快な症状があればドラッグストアで目薬を探しますが、いつも目薬の種類の多さに驚きます。

「ドラッグストアなどで医師の処方なしに購入できる目薬には、目の疲れ、ドライアイ、目のかゆみ、目の充血、眼病予防、結膜炎やものもらい、コンタクトレンズの不快感を和らげる目的のタイプがあります」と話すのは大阪府薬剤師会理事で薬剤師の近藤直緒美さん。選び方の疑問を解消するため、詳しく聞きました。

■目薬は開封してから1カ月前後で使い切る

疑問1 疲れ目用の選び方とは?

近藤さん 目のピント調節をするために水晶体を引っ張る、ゆるめている「毛様体筋(もうようたいきん)」という筋肉が、疲労すると目が疲れたように感じます。スマートフォンやパソコンなど近くの液晶を見続けたときに起こりやすい症状です。

こんなときは、箱に、「目の疲れ」や「眼疲労」と明記してあるタイプを選びましょう。主に、目のピント調節をサポートする成分「メチル硫酸ネオスチグミン」や、目の疲れを和らげる成分「シアノコパラミン(ビタミンB12)」を含んでいます。

疑問2 クールとクールではないタイプの違いとは?

近藤さん 目薬をさしたときのスーッとする清涼感は、メントール系の成分によるものです。配合量によってさし心地が変わります。すっきりとリフレッシュしたいときは、「メントール」や「ハッカ油」などの成分が配合されているタイプを選びましょう。

外箱に清涼感のレベルが表示されているタイプもあります。好みで選んでください。

疑問3 「防腐剤フリー」という表示の意味は?

近藤さん 市販の目薬の多くには、雑菌やカビが繁殖しないように、防腐剤の「塩化ベンザルコニウム」や「ソルビン酸カリウム」、「パラベン」が添加されています。

防腐剤フリーとは、「防腐剤が入っていません」という意味です。

コンタクトレンズを装着したまま点眼すると、防腐剤の成分がレンズ内に浸透してレンズの寿命を縮める、角膜に悪影響を及ぼすことがあります。

外箱や説明書に、「コンタクトレンズを装着したまま使用しないこと」と表示があるので注目してください。

疑問4 目薬は表示の期限までに使い切ればいい?

近藤さん 目薬に表示されている期限は、開封前の使用期限です。開封後はできるだけ冷蔵庫で保管し、約1ヵ月で使い切るようにしましょう。

使用した目薬は、点眼のときに容器の先端がまつげやまぶたに触れる、薬が空気に触れることが多く、雑菌が繁殖しやすくなります。1カ月以上経った目薬は処分しましょう。

中には、開封後1週間や10日以内で使い切る種類もあります。説明書の内容に準じてください。

近藤さんは、こうアドバイスを加えます。
「風邪薬と同じように、症状や自分に合った目薬を選ぶようにしましょう。使用中に、目や目の周りがかゆい、痛い、腫(は)れる、赤くなるなどの症状が出たときはすぐに使うのをやめて、眼科医か薬剤師に相談しましょう」

症状、爽快感の好み、コンタクトレンズの装着の有無から、自分に適した目薬選びをスタートしましょう。

(岩田なつき/ユンブル)

取材協力・監修 近藤直緒美氏。薬剤師。大阪府薬剤師会理事。なのはな薬局本店、真上(まかみ)店(ともに大阪府高槻市)を運営する有限会社スターシップ代表取締役。【関連リンク】
世界を見ることで、もっと成長ができるはず。英語圏でおすすめな留学先はどこ?―持っていくと便利なアイテム
持ち歩くものは必要最低限!東大男子のバッグの中身を大公開
本社が地方にある有名企業!大阪編『日本ハム株式会社』『朝日新聞社』
ランチの後のどうしようもない眠気を即効で撃退する方法
マイナビ学生の窓口

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ