Amebaニュース

臨床内科専門医が教える。肩こり、腰痛、頭痛の原因は便秘だった!?

10月16日(金) 14:27

便秘が続くと食欲にも影響し、なんだか憂うつな気分になります。「便が腸内に長くたまると、予想外なほど、心身にさまざまな悪影響が出てきます」と話すのは、臨床内科専門医で正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長。詳しいお話しを聞きました。

■3日以上排便がない、残便感があるのが便秘

そもそも便秘とは、何日ぐらい出ないと体によくない、など指針はあるのでしょうか。正木医師は次のように説明します。
「日本内科学会では便秘について、『3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態』と定義しています。一般に、排便の回数が少ない、排便があっても便が硬くて量が少ない、ほか排便時に苦痛があればそれは便秘です」

便秘のとき、腸はどうなっているのでしょうか。
「腸には約100種類、100兆個とも言われる細菌が住んでいて、健康に良い影響を与える『善玉菌』と、悪影響を及ぼす『悪玉菌』がいます。

善玉菌には外部から侵入した有害な菌を攻撃する、免疫力を高めるなどの働きがあります。一方、悪玉菌は、有害物質を作り出す、抵抗力を弱める、便秘や下痢を引き起こすよう動いています。

健康なときは善玉菌と悪玉菌のバランスが保たれているのですが、便秘のときは悪玉菌が増えます。この悪玉菌が便秘だけでなく、さまざまな不調を引き起こします」(正木医師)

■肩こり、頭痛、風邪、肌荒れ、太りやすい

悪玉菌が招く、便秘になると現れる症状について、正木医師は次の4つを挙げます。

(1)肩こり、腰痛、頭痛
便秘になると、便や便から発生するガスが大腸の中でぼう張します。すると、背中や腰のまわりの血管が圧迫されて血液の流れが悪くなります。新陳代謝が悪化して疲労物質がたまる原因となり、肩こりや頭痛、腰痛などを引き起こします。

(2)風邪を引きやすくなる
ヒトの免疫力の70%は腸内細菌が担っていると言われています。便秘によって腸内環境が悪化すると悪玉菌が増えて免疫力が低下し、体の抵抗力が弱まります。すると、風邪などの感染症にかかりやすくなります。

(3)肌荒れ、吹き出ものができる
悪玉菌によって発生する老廃物や有害な物質は、消化の過程で排出されようとします。しかし、便が詰まると悪玉菌が腸から血液中に吸収され、全身へ巡って皮ふから排出されます。このときに皮ふがダメージを受けやすく、肌荒れや吹き出ものができます。

(4)太りやすい体質になる
便秘になると必要な物質を体内に取り込み、不要な物質を排出する代謝機能が低下します。すると、栄養素がうまく消化吸収されずに、老廃物や脂肪などの不要な栄養素をため込みやすい体質になります。

正木医師は、こうアドバイスを加えます。
「便秘は、自律神経のバランスが崩れているサインでもあります。すると、肩こり、腰痛、頭痛が同時多発的に起こり、風邪も引きやすくなります。

これらの症状があっても、便秘が原因だということに気付いていない人が多いんです。頭痛で悩む患者さんに、『便秘ではないですか?』と聞くと、そうだということはよくあります。便秘は万病の元と考えて、まずは便秘解消を実践しましょう。便秘体質の人は特に、体のどこかに不調があれば便秘の状態を認識し、医療機関を受診する際には医師に必ずそう伝えてください」
頭痛、肩こり、腰痛、風邪、肌荒れ、太りやすいことが便秘という原因でつながっているかも……。思いあたる人も多いのではないでしょうか。便秘を改善することが、これらの不調を治す可能性があるということです。

(岩田なつき/ユンブル)

取材協力・監修 正木初美氏。日本臨床内科医会専門医、大阪府内科医会理事、大阪府女医会理事、日本内科学会認定医、日本医師会認定スポーツ医、日本医師会認定産業医、正木クリニック院長。
正木クリニック:大阪府大阪市生野区桃谷2-18-9
http://masaki-clinic.net/wp/【関連リンク】
正常な便と異常の便の違い
7つのマグネシウム不足サイン「こむらがえりや痙攣」
朝に「パイナップル」を食べるダイエット方法が大注目の予感
あなたの体は疲れている!医師に聞く!生きていく上で必要な栄養素
マイナビ学生の窓口

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ