Amebaニュース

無印良品有楽町がリニューアルオープン! - 2万冊の本に囲まれ服や雑貨をまったり選ぶ

9月5日(土) 8:30

無印良品有楽町がリニューアルオープン! - 2万冊の本に囲まれ服や雑貨をまったり選ぶ
シンプルで飽きがこず、意外なほど長持ちするアイテムを提供する無印良品。パリやニューヨークなど海外にも店舗を展開する人気ブランドの世界最大旗艦店 無印良品有楽町が、9月4日にリニューアルオープンした。

○店舗の至る所に本! 本! 本!

どの売り場に行って見ても、必ず目に飛び込んでくるのは「本」。リニューアルした無印良品有楽町では、「商品と書籍の融合」をテーマに、店内の至る所に商品に関係のあるジャンルの本が並べられている。

オリジナルの書棚は、天井から吊られたり、空間を仕切ったりする様子が、ものすごくダイナミック。それなのに、微妙に丸みのある天然の無垢材を使用することで、ぬくもりを感じさせる。これは「1頭の龍のように店内を駆け巡りる本棚が『知』の世界にいざない、思いがけない発見とヒントに出会えるような空間」を再現しているという。

嬉しい事に、店内には座って本を選ぶための椅子や、100円でコーヒーを飲めるエスプレッソマシーンまで準備されている。座り込んで本を広げれば、「あ、この品物も必要だった」と気づかせてもらえそうだ。

ずらりと並ぶしゃれたセンスの本は「知のテクノロジー」を提供する編集工学研究所所長 松岡正剛さんが選んだもの。地図の中にらくがきMapがあったり、食材を使って作るコスメ本があったりと、ひねりのあるチョイスにニヤリ。売り場というよりは、むしろ巨大な書斎のような匂いすら感じてしまう。

街の本屋さんの風情がインテリアや洋服や雑貨のお店に、しっくり溶け込んでいる。今回の改装で目指したという「商品と書籍の融合」が、とてもすんなりと表現されているのだ。

インターネットや電子書籍の普及する中、あえて「紙の本」にスポットを当てるのは、とてもクラシカル。でも、何だか、妙に新鮮だ。開いたページの対抗ページに思いもよらない情報を見つけ出す喜び。それを売り場の中で体感することが、今回の改装の主眼「発見とヒント」に繋がっているのだ。

○「暮らしのヒント」が散りばめられた店内を散策

続いて各フロアを紹介しよう。1階は「旅」がテーマのMUJI to GO。スーツケースや、軽くて丈夫なパラグライダー用生地で作ったケースなど、無印良品の定番旅グッズがズラリ。同エリアの書棚には、ガイドブックや世界遺産の写真集など「旅行関連」の本が並ぶ。

2階はファッションやステーショナリーグッズ、生活雑貨に化粧品を取り揃えている。エリアの中心には、じっくりと本を読める「MUJI BOOKS」のゾーンを新設。今本を3冊買うと、隣接するCafe&Meal MUJIでドリンク1杯の無料サービスもついてくるのだとか。選んだ本をすぐに読みたい! という人にうってつけだ。

また、フロアの一画では、深みのある黒や紺色の衣類が売られていた。藍染めを思わせる色合いに懐かしい気持ちがして、つい手に取って見てしまう。しっかり目の素材に素朴で伝統的な色が、すごく印象的だ。この「Re-MUJI」では、回収した古着の中から、まだ着られるものを丁寧に染め直して一律2,900円で販売している。環境にも優しい同プロジェクトは、博多、名古屋で実施されていたもので、今回の改装により有楽町でも新たに導入されたのだ。

インテリア関連のアイテムを扱う3階には、住まいの相談にのるインテリアアドバイザーが常駐。新しい家のインテリアの相談にのってくれるだけではなく、模様替えやリノベーションについてもアドバイスしてくれる。

○おわりに

衣類のリサイクルや住まいのリノベーションに取り組むことで使い込んで来た物に新しい価値を発見する……。改装の主眼である「発見とヒント」はこんなところに生きているのだ。

無印良品の店舗数は国内で商品供給点を含めて国内401店。海外にも「MUJI」の名前で301店舗が展開されている。地方や海外から有楽町に来た人達が、「あの無印良品の世界最大旗艦店」を目指してドキドキ、ワクワクした気持ちでやって来る。そんな人達の期待を裏切らないスタイリッシュさを兼ね備えた知的な店内に生まれ変わっていた。

○店内の様子

(data)
無印良品 有楽町
リニューアルオープン日:2015年9月4日(金)
住所:東京都千代田区丸の内3-8-3インフォス有楽町1~3F
営業時間:10:00~21:00
売場面積:992坪(約3,277平方メートル)

【関連記事】
無印良品にきいた「防災」のはなし (1)
"無印良品の家"新商品「縦の家」に行ってみた - 都市型3階建てなのに広い!
無印良品の「2015 福缶」を一足先に紹介! - 縁起物にギフトカードまで、今年も福が詰まってます
団地でワンルーム!? 高島平団地のMUJI×URコラボ物件をレポート
築31年の団地の壁を取り払い、自由に仕切れる部屋に! - 品川八潮パークタウンのMUJI×UR団地リノベーション
マイナビニュース

国内新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

国内アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ