Amebaニュース

胃がもたれる、なぜか痛い、胸やけがする……。薬剤師に聞く、症状に合う市販の胃薬の選び方とは

7月23日(木) 12:21

ドラッグストアの胃薬コーナーには、さまざまな症状と作用が書かれた箱がずらっと並んでいます。手軽に購入できる一方で、自分に合う薬の選び方がどうにも分かりにくく感じます。そこで、大阪府薬剤師会理事で薬剤師の近藤直緒美さんに胃薬のタイプや選び方を聞きました。

■複数の症状を改善したいときは総合胃腸薬

胃の不調とその原因について、近藤さんはこう説明します。
「胃の不快な症状には、キリキリと痛む、もたれる、膨満感がある、むかむかする、食欲がわかない、重いなどの種類があります。

それらの主な原因は、食物の消化と微生物を殺菌する『胃酸』のトラブル、胃酸から胃粘膜を守る『胃粘液』のトラブル、食べ物を腸へ送る『ぜん動運動』のトラブルが考えられます。それぞれ、暴飲暴食やストレス、喫煙、加齢、何らかの病気などによって引き起こされます」

続いて近藤さんは、「市販の胃薬には、2つのタイプがある」と言います。
「多くは、『成分の特徴に特化するタイプ』と、『複数の症状に適応するよう配合されているタイプ』です。

不快な症状がいくつもある、何となく胃の不調を感じるときは、後者の『総合胃腸薬』を選ぶといいでしょう。前者のそれぞれの症状に特化した薬よりも働きは弱くなりますが、幅広く対応できます」


■食べ過ぎには消化剤、空腹時に痛む場合は胃粘膜保護剤を

ここで近藤さんは、「5つの症状に応じた胃薬の選び方」について、次のように説明します。

(1)体が疲れていて食欲がわかない、胃に違和感がある
『健胃消化剤』を選びましょう。消化酵素や天然由来成分の生薬(しょうやく)が配合されているタイプが多く、胃液やだ液の分泌を促し、胃の働きを活発にします。

(2)食後に、痛みはないが胃もたれや消化不良を感じる
『消化剤』を選びましょう。炭水化物や脂肪の消化分解を助ける作用があります。食べ過ぎると消化が追いつかなくなり、食べ物が胃に長くとどまってもたれやすくなります。

(3)食後に、胃の痛みがある。ゲップがよく出る、胸やけを感じる
胃酸を中和する『制酸剤』や、傷付いた胃粘膜を修復する『粘膜修復剤』と表示があるタイプを選びましょう。食べ物を消化しようと胃酸が出過ぎることで胃粘膜が損傷し、これらの症状が起こります。制酸剤は出過ぎた胃酸を中和して胃粘膜を保護し、症状を改善します。

また、『ロートエキス散』という成分を含むタイプは、胃炎や胃潰瘍(かいよう)による痛みにも効果があります。

(4)強い胃の痛みやもたれ、むかつきがある
『H2ブロッカー薬』と表示がある種類を選びましょう。胃酸の分泌を抑制します。(3)の胃酸中和型とは異なるタイプです。主に医療機関で胃潰瘍などの治療に使われていますが、市販薬でも購入できます。胃酸の出過ぎが原因の痛みやむかつきなどの症状を改善します。

(5)空腹時に、吐き気や胸やけ、強い胃の痛みがある
『胃粘膜保護剤』を選びましょう。胃の粘膜を保護して、傷付いた粘膜の再生を促進します。

通常、胃酸は胃に食べ物が届くと分泌されますが、ストレスや生活リズムの乱れなどが原因で、空腹時でも胃酸が分泌されることがあります。空腹時は胃粘膜の保護機能が弱まっているために胃酸によって胃壁が傷付き、痛みなどの症状が起こりやすくなります。

さらに、近藤さんはこうアドバイスをします。
「食べ過ぎで胃がもたれているときに胃粘膜保護剤を飲んでも、胃の運動機能を促す働きはないので不快感は改善されません。

自分の症状が、いつ、どのように出るのか、原因に心当たりはあるかを考えてから選びましょう。迷うときは、薬剤師が常駐する薬局に出向いて薬剤師に相談してください。また、1週間以上服用しても症状が改善しない、悪化したときは、医療機関を受診しましょう」

胃薬といっても成分や働きは症状によってさまざまに違うと知っておきましょう。そのうえで、自分の症状に適応する薬を選ぶことが改善への近道ということです。

(藤井空/ユンブル)

取材協力・監修 近藤直緒美氏。薬剤師。大阪府薬剤師会理事。なのはな薬局本店、真上(まかみ)店(ともに大阪府高槻市)を運営する有限会社スターシップ代表取締役。【関連リンク】
世界を見ることで、もっと成長ができるはず。英語圏でおすすめな留学先はどこ?―持っていくと便利なアイテム
コンビニのクスリと病院でもらうクスリは、どっちがお得?
なるほど!外国人が喜ぶ日本のお土産って何?『値段が安く実用性の高い物』
風邪薬をコーヒーや紅茶で飲むのはNG! 薬剤師に聞く、薬の飲み方の疑問を徹底検証
マイナビ学生の窓口

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ