Amebaニュース

堺雅人『Dr.倫太郎』第4話:天敵・宮川教授がセクハラ疑惑でピンチに

5月6日(水) 6:00

5月6日に、堺雅人主演ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)第4話が放送される。堺演じる精神科医・日野倫太郎を目の敵にしている、同じく精神科医で教授の宮川(長塚圭史)が、患者の三浦牧子(マイコ)からセクハラをされたと言われ、窮地に陥る。

『Dr.倫太郎』の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯)は、初回が13.9%、第2話が13.2%、第3話が13.7%と、安定した数字を維持している。患者の心にとことん寄り添う倫太郎を好演している堺、彼の心を惑わせる謎めいた芸者・夢乃を演じる蒼井優をはじめ、演技派のキャストを揃え、大人が楽しめるドラマとして評価が高い。今後のストーリー展開にも注目が集まりそうだ。

[第4話あらすじ]倫太郎は、いつもとは様子の違う夢乃と診察室で対峙していた。彼女の中の別人格が現れたと判断し、その心に寄り添おうとする倫太郎だが、彼女は病室から逃げ出してしまう。ちょうどそのころ、バレエのプリマドンナとして知られる三浦牧子が、宮川からセクハラされたと言って騒ぎ出し、病院で問題になる。牧子は、うつ状態で宮川の診察を受けていた。宮川は、セクハラの事実はないと否定。診察室の録画映像を確認すると、宮川がセクハラをしている様子は映っていなかった。

そんな中、牧子が一緒に連れてきた娘・千果(井上琳水)が、病院からいなくなってしまう。牧子はさらに感情を高ぶらせ、騒ぐばかり。千果は、夢乃(蒼井優)と一緒に病院を出ていったところを目撃されていた。夢乃は、千果を連れて遊園地に来ていた。病院で母親を待っている千果を、「ある理由」から彼女はどうしても放っておけなかったのだ。倫太郎は、遊園地まで 夢乃と千果を迎えに行く。倫太郎が夢乃を見つけると、彼女はまだいつもと様子が違い、倫太郎にもよそよそしい態度のまま。倫太郎は、夢乃の精神疾患を確信する。彼女の心には、倫太郎を誘惑する抜け目のない芸者の「夢乃」のほかに、少女のような別人格が存在しているようだ。倫太郎は、彼女を救う方法はないかと思案し、そんな思いを百合子(吉瀬美智子)にも伝える。

しかし、倫太郎の思いをよそに、夢乃は、るり子(高畑淳子)に渡す金を用意するため、円能寺(小日向文世)から一千万円をだましとろうとする。一方、宮川のセクハラ騒動は収まらず、牧子が宮川を訴えると言い出す。追い詰められた宮川の精神状態は悪化。倫太郎は、危機に陥った宮川を助けようとするが……。

関連リンク
【動画】『Dr.倫太郎』ほか、日テレのドラマ・バラエティの最新回を1週間限定で無料配信中(PCサイトのみ)

【写真】堺雅人、主人公の天敵役の長塚圭史、ゲスト出演者のマイコほか『Dr.倫太郎』第4話の厳選シーンショット(5)

【動画】『Dr.倫太郎』過去放送回を配信中
テレビドガッチ

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ