Amebaニュース

少ない服で「あの人素敵」と思わせる極意とは? スタイリスト直伝「本当におしゃれな人」の着回し術

4月27日(月) 17:30

少ない服で「あの人素敵」と思わせる極意とは? スタイリスト直伝「本当におしゃれな人」の着回し術
皆さん、今年のGWはどのように過ごしますか? もしあなたがカレンダー通りにお休みを取得できるなら、今年のGWは長期的なものになりますよね。旅行やスポーツと積極的に休日を満喫したり、逆にのんびりと普段とは全く逆の生活をする人もいることでしょう。そして、ここぞとばかりに買い物も楽しむ人も?

モテ服、料理だけじゃない!! 男が好感を持つ”本当”の女子力

今回は、GWでの服の買い物のポイントを紹介したいと思いますが、その前にまず、日本の女性にありがちな「ファッションの病魔」について考えてみましょう。あなたのファッション感覚に、「服のバリエーション」は豊富にないといけないといった考え方はありませんでしょうか? 実はこれ、日本独特の考え方だったりするのです。識者の意見を聞いてみましょう。

参考にするのは、ファッション誌『MORE』『SPUR』『Oggi』『FRaU』などでキャリア30年超えのスタイリスト・地曳いく子さんの自著『服を買うなら、捨てなさい』。ファッション誌には載っていない本当におしゃれな人の服の買い方を紹介した一冊です。

地曳さんは日本の女性は「バリエーションの呪い」にかかっていると、自著の中で語っています。この呪いは一体どういうものでしょう。例えば、ファッション雑誌を開くと「1カ月コーディネート」という企画はど定番となっていますよね。毎日の通勤服やパーティーなどのイベントに合わせた様々なファッションを着こなす方法が紹介されています。まるで服は毎日変えた方が良いと言わんばかり。

また、最近ではInstagramを中心に、SNSに自身のコーディネートをアップし、多くの反響を得ている一般の人も多数います。多くの人が毎日、違った服を着ていると錯覚してもおかしくはありません。

でも、現実的に考えてみましょう。あなたは、クローゼットに入っている服を使って毎日違った格好をすることは可能でしょうか。また仮にそれができたとして、毎日、誰もが認めるようなおしゃれな格好をできるのでしょうか。それは、よっぽどのお金持ち、もしくは業界の人でしか難しいのでは。筆者は男性ですが、パンツや靴といったものは、ほぼ毎日同じものを着用しています。

地曳さんの考えはこう。

「バリエーションの呪いとは、『女子は、毎日違う格好をしなければいけない』という恐ろしく、根深く、理不尽な思い込みのことです。考えてみてください。男性なら、毎日同じスーツでも誰も何とも思わないはず。なぜか女子だけが、極力同じ格好をしないように、毎朝、鏡の前で多大な苦労を強いられているのです。ブログや雑誌は、『あなたも、バリエーションを出すためにたくさんの服を持ちなさい』と私たちにメッセージを送ってきます」『服を買うなら、捨てなさい』しかし、毎日違う格好をしているセレブやブロガーたちは、一般人とは違うおしゃれのプロです。彼女たちはそれが仕事なので1カ月コーデが可能なわけで、読者が無理に同じことをする必要がないのです。そして何よりもこのバリエーションの呪いにはまってしまうと、一気におしゃれ度が下がってしまう危険性があるのです。

コーデのバリエーションを増やすために、イマイチな服を選んでしまい、逆にダサくなってしまった経験はありませんか?

「安いからと適当に買ったり、とんでもなく古いものを取っておいたり……。『それでも、同じものを繰り返し着るよりはいいわ』『服はないよりあるほうがマシ』なんて思っていますか? ところが、こういう『つい混ぜてしまうイマイチな服』こそ、おしゃれ度を大きく下げる犯人なのです」『服を買うなら、捨てなさい』なるほど、ここは男性の私でも心当たりがあります。気をつけたいところですね。同書を読んでいると、バリエーションを豊富にする必要はなく、むしろおしゃれ度を上げるためには、クローゼットにある安い服や古い服を処分した方が良いのではという気になります。好きな服に囲まれているだけで気分は上がりますし、毎朝、何を着ていこうか気にする必要もありません。

ここでファッション業界に起こっているある変化を紹介しましょう。地曳さんによると、最近のファッション業界では、同じ服をくり返して着るという傾向があるようです。昔よりも随分と高くなってしまった服の価格。いくら業界の人でも高額なものばかり購入できないこともあって、「数を少なくしていいものを選ぶ」ようになってきているのです。実際に地曳さんの知り合いのスタイリストでも、週3回同じセーターを着ていることもあるそうです。

「おしゃれな人といえば、服をたくさん持っているもの。今まで、誰もがずっとそう思わされてきました。けれど、それを覆す新たなムーブメントが、ファッション業界の最先端ではすでに始まっているのです」『服を買うなら、捨てなさい』地曳さんの本を読んでいるとなんだかホッと安心できますね。私たちは無理やり大量の服を持つ必要がないのです。好きな服を好きなだけ着ているだけで、いつの間にかファッション業界の最先端に位置することができるのです。

GWでの買い物時には、無理やり安いものを購入して、コーデのバリエーションを増やすよりも、お気に入りの一つを見つけ出し、それを大切に着続ける方が、経済的であり、なおかつおしゃれなのです。


【関連記事】
【恋愛】イケメン・美人だからモテるとは限らない! "モテる"男女の本当の理由
“タンスの肥やし”もスッキリ! 「フリマアプリ&洋服管理アプリ」使い比べてみた
美人に見える"まとめ髪"に簡単アレンジ! 不器用女子にオススメ"ヘアアレンジアプリ"3選
モテ服、料理だけじゃない!! 男が好感を持つ”本当”の女子力6選
モテる女性には共通点があった! 男性ウケ抜群の趣味4つ
ウレぴあ総研

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ