Amebaニュース

新型ホンダステップワゴンの価格は228万8000円から! 話題のわくわくゲートも!!

4月23日(木) 12:05

提供:
5代目となるホンダステップワゴンが2015年4月23日に発表され、翌24日から発売開始となります。ステップワゴンはミニバンの中で最も人気のある2L1.5BOXクラスに投入される主力モデルで、ライバルはトヨタヴォクシー/ノア、日産セレナとなります。

新型ステップワゴンはスタンダードモデルとエアロパーツを装着したステップワゴンスパーダの2モデルを従来モデルと同様にラインナップしています。乗車定員は7人乗りが中心で、メーカーオプションで設定されている「2列目6:4分割ベンチシート」装着車は8人乗りとなります。

新型ステップワゴンの特徴は大きく4つ。クラストップレベルの室内空間、横開き式のサブドアを備えた「わくわくゲート」の採用。2.4Lエンジン並のトルクと低燃費を両立した新開発の1.5L直噴VTECターボ、そして先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」の搭載です。

クラストップレベルの室内空間は室内長3220mm、室内幅1500mm、室内高1425mmを誇ります。また、3列目シートには左右分割して床下格納できる「マジックシート」を採用し、多彩なシートアレンジが可能です。

大開口のリアハッチには横開き式のサブドアを備えた独自機構の「わくわくゲート」を採用。リアハッチを開けることなく横開き式のサブドアから3列目シートへの乗り降りや荷物の出し入れができるようになっています。

新開発の1.5L直噴VTECターボエンジンは最高出力が110kW(150ps)/5500rpm、最大トルクが203N・m(20.7kgf-m)/1600-5500rpmを発生します。ミッションはFF/4WDの駆動方式にかかわらず、全車CVTが組み合わされ、JC08モード燃費は15.0〜17.0km/Lを実現し、エコカー減税の対象車となっています。

安全運転支援システム「Honda SENSING」はミリ波レーダーと単眼カメラによって、歩行者をはじめとした物体を認識し、被害軽減ブレーキのプリクラッシュセーフティをはじめ、車線維持システム、アダプティブクルーズコントロールなどを実現しています。

新型ステップワゴン・ステップワゴンスパーダは最新のパワートレインと安全装備を採用して車両本体価格は228万8000円〜308万1400円です。

(萩原文博)


【関連記事】
エクシーガ「クロスオーバーセブン」画像ギャラリー-価格255.5万円の2.5ボクサー7シーター
ホンダ・ジェイドはパワーに優るシャシーが魅力
BMW「2シリーズ・グランツアラー」画像ギャラリー ─ 7人乗りのFFミニバンが登場
トヨタが新興国向け戦略車「IMV」シリーズを全面刷新か?
ロンブー淳がトヨタ新型「ヴェルファイア」をもらったらしい。けど、その条件は?
clicccar

スポーツ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

スポーツアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ