Amebaニュース

娘の依存がすぎる実母→起業に燃える強キャラに進化

3月12日(木) 0:00

提供:
「母親」は、愛情をそそいでくれる反面、自分を振り回す面倒な存在になることもあります。無事に娘を自立させたことをきっかけに、今まで保ち続けていた仮面をはぎとり、今度は子どもへとすりよる「依存」。これが大きくなると、ちょっとやっかいなようですよ。


■娘の成長と共に増した、母の依存心
「結婚してから、母の私への依存が始まりました。これまで、愚痴ることなんて滅多になかった母。『実はお父さんのこと、大っ嫌いなの』と不満をぶちまけるばかりか、『家政婦でもいいから○○ちゃんとこで一緒に住みたいの』と言いだし、なだめている毎日です」



お話を伺ったのは専業主婦のIさん(23歳)。突如として狂暴化したお母様の依存心に、最初はとまどったようです。


■黒すぎる!?新ビジネスへの挑戦
「これまで愛情たっぷりに私を育ててきてくれた母。だから、ある程度はつきあってあげようかなって。母のことは好きですし。でも、2か月前から毎日のようにかかってきた電話がパッタリとまったんです」



「体調でも崩したのかと心配して連絡すると、何でも10年以上縁をきっていた義妹と仲直りしたっていうんです。それはいいけど、その義妹と介護ビジネスをするとか言いだしちゃって……」



「実は、この義妹が面倒な人で、親戚一同から縁をきられたのもお金がらみ。しかも、男と夜逃げ同然で消えたのが最後で、完全に母がだまされてる感じ」



「そんなに蓄えもないはずだけど、父には一切話してない様子の母。日夜、起業のための準備やら、人脈づくりやらで忙しく、今までの私への依存はなんだったの? と思うくらい。口出しした方がいいのか、情熱の向けられるものがあるんだから、そっとしておくべきか……、悩んじゃって」



お金に関して、悪い噂のある義妹さん。自分の心の内にしまいこまず、家族の誰かに相談したほうがいいかもしれません。もし依存が復活しても、Iさん自身に「自分の家族を優先させる」という考えが根付いていれば大丈夫なはず。血がつながっているとはいえ、信頼できない誰かより、お母様を大切に思うIさんの力が必要な時もあるはずです。



(ライタープロフィール)

安田あゆみ/5年のOL生活を経て、WEBライターに。子育て中の一児のママ。好物は「マカロン」と「しば漬け」。万年ダイエッターなのに、ここ数年痩せた覚えなし。自転車でどこまでもいこうとする根性はあるけど、あきらめも人一倍早いのが短所。

【関連記事】
うまくいっていたご近所付き合い、困ったさんの出現で?!
お姉ちゃん!なぜあなたはそうやって生きていけるの?
やっぱり肩身が狭い?それとも働かない優越感?専業主婦の本音
離婚のきっかけはふとした瞬間に・・・・
義母よりやっかいな実母との関係…結局私たち、似ているのですか?
wife

関連キーワード

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ