Amebaニュース

コンビニ限定『スーパーカップ1.5倍 極辛ブタキムラーメンRED』の職人芸的寸止めの激辛にさすがとうなる!

3月11日(水) 22:22

ースコック株式会社(大阪府吹田市)のガッツリ系定番シリーズからコンビニ限定で『スーパーカップ1.5倍 極辛ブタキムラーメンRED』
(109gうち麺90g・希望小売価格 税抜205円・2015年2月16日発売)が出た。

 
「コンビニ限定」で「極辛」と言われた途端に、警戒警報が鳴り響く記者。コンビニ限定品は実験販売要素が強いことを、身を持って知っているからだ。とくに辛さに関して、今まで辛いを通り越して痛いまで行くほどのカップ麺も食べてきた。
IMG_8508
さて、CMでさかんにカドメン推しされていることでも有名なスーパーカップシリースの新作である。ガッツリ系のシリーズとしてはもはや日本を代表する人気シリーズのスーパーカップ1.5倍。中でも20年以上も人気を維持している「ブタキム」ブランド。そこで展開される極辛というのはどの程度なのか、実食してみた。
IMG_8512
めんは油揚げめん。そこに豚肉、白菜キムチ、ねぎ、唐辛子で構成されるかやくと、粉末スープをあけて、3分間調理である。0.5Lオーバーの湯量の確保が必要。
IMG_8520
調理後、フタを開けてみると程よい豚骨ベースのスープとキムチの香りがするだけ。もちろんこれで済むはずがなく、調味油を投入することになる。ほら、これ、見事なラー油オレンジだ! ここでカップ内が一気に辛くなったことは視覚的にもよく分かる。
IMG_8526
まずはスープから。警戒していたせいか、むせることなく味わえた。豚骨ベースのうまみとキムチとラー油の辛さがあいまって、辛うま。辛さの度合いはちょうど痛さに到達する一歩手前の寸止めで、なかなかやるなと感心する。
めんは話題のカドメン。質感たっぷり、弾力充分、なめらかさと食べ応えが見事に調和した、ガッツリ系のひとつの到達点ともいうべきめんは文句なし。こうした濃い口のスープだと、油揚げめん特有のしつこさがむしろ良い感じにラーメン感を高めてくれて相性抜群だ。
IMG_8531
目立つ白菜キムチはシャキシャキの食感、輪切りの唐辛子や豚肉もちらほら、ネギも多めに入っているしニンニク臭も香り立つので食が進むだろう。ボリュームはもちろん大盛り。食事としてしっかりと成立する重さがしっかりある。ただやはり辛さのレベルも高いので、汗をかきながら食べることになる。
IMG_8541
総じて、実に質実剛健なブタキムの進化だと感じてしまった。燃え上がるパッケージほどの極辛度は、辛いもの好きな人だったら全く問題なく、満足できるはず。100円玉2枚ちょっとでしっかり食事できるという点でのコストパフォーマンスは絶大なものがある。ぜひ小腹時ではなく空腹時に味わってもらいたい。


【関連記事】
“凶暴”ではないが、激辛好きの期待を裏切らない辛さを楽しめるエースコック『スーパーカップ 大盛りいか焼そば極辛RED』
あっさり・ほんのり高級マグロの風味を楽しむ『近畿大学水産研究所監修 近大マグロ使用 中骨だしの塩ラーメン』
『蒙古タンメン中本 太直麺仕上げ』本気の激辛に冷や汗! 赤銅色の辛味オイル投入でむせるほど辛くなる!
『麺や而今監修 醤油鶏そば』は飽きのこなさが武器! 鶏だんご&そぼろの味わいで一気に旨味が引き立つ!

おためし新商品ナビ

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ