Amebaニュース

歌って踊って、恋をして。アイドル系アニメおすすめ5選

1月23日(金) 11:42

提供:

■最近の流行? アイドル系アニメ
最近は、アイカツ、アイドルマスター、ラブライブ、Wake Up Girls!うたの☆プリンスさまっ♪、、、と、様々な アイドル系アニメ が出てきています。
3Dモデリングも発達し、ライブシーンもより動きのある映像になり、最近は声優ブーム?もあり、歌もうまく、可愛い・かっこいい声優さんが担当することが多い部分もアイドル系アニメ流行の理由でもあるかも知れません。
それではアイドル系アニメのおすすめ5選を紹介します。

■THE IDOLM@STER(アイドルマスター)
アーケードゲームから始まり、コンシュマーゲーム、アニメ、漫画、ソーシャルゲームと、幅広いメディアミックスを行う「アイドルマスター」。
アニメとしては2011年に放送、そして2014年に劇場版「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」そして今期、2015年冬アニメでは、「アイドルマスター シンデレラガールズ」が放送している。
多くのファンを魅了する『アイドルマスター』とは?
アニマス楽曲でみるアイドル達の成長の軌跡・起-『READY!!』
クリエイターで聴くアニソン-「神前暁」前編

■ラブライブ!

ラブライブは、KADOKAWA・ランティス・サンライズの共同プロジェクト。アニメ制作は、機動戦士ガンダムをはじめとしたロボットもののイメージが強いサンライズが担当(アイドルマスターXENOGLOSSIAはサンライズですが)。ほとんどの曲の作詞を「畑亜貴」さんが担当し、話題にもなりました。
なぜ『ラブライブ!』なのか
熱血アイドル女子集団μ’sが活躍する『ラブライブ!』
初詣はここで決まり!?神社が聖地のアニメ3選
© 2013 プロジェクトラブライブ!

■うたの☆プリンスさまっ♪

なにもアイドルは女の子だけでは無いですね。
PSPゲームを原作に、様々なメディアミックスを行い、2015年の春から、3期の放送が決定しています。
今をときめく男性声優をふんだんに起用しており、宮野真守さん、鈴村健一さん、鳥海浩輔さんなどなど、、、ライブ・イベントなどでも盛り上がりをみせています。

『うたの☆プリンスさまっ♪』黒崎蘭丸に全力で萌える
「一ノ瀬トキヤ」に全力で萌える-『うたの☆プリンスさまっ♪』(前編)
ドキドキする、イケメンだらけの『乙ゲー』を大研究!
©UTA☆PRI-2 PROJECT

■超時空要塞マクロス

超時空要塞マクロスを始めとする、マクロスシリーズも「歌姫」×「ロボット」という面ではアイドル系アニメに分類出来なくもない…はずです。
世代により、「リン・ミンメイ」であったり、「熱気バサラ」であったり、「シェリル」・「ランカ」であったりしますが、そこがドームのステージではなくて、宇宙であっても、そこに立ち、歌って相手に聞かせるという意味ではアイドルと言えるでしょう。
思いきり歌いたいなら!『DYNAMITE EXPLOSION』
男と男の、ロボットを通した熱きぶつかり合い『マクロスプラス』
作曲家視点でみるアニソン-『菅野よう子』のアニメソング
©2007 BIGWEST/マクロスF製作委員会・MBS

■WHITE ALBUM

恋愛要素を多く含みすぎるアイドル系アニメです。
もともとはLeafから発売されたPCゲームが原作です。一言ではあまり言い表しがたい「恋愛模様」を描いています(浮気モノ)。
主人公は三大ヘタレ主人公としても有名です。
多忙ヒロインと浮気する主人公『WHITE ALBUM』
水樹奈々が声優・歌手として世界中のファンを魅了する理由
冬に聴きたいアニメソング特集
(C)AQUAPLUS (C)PROJECT W.A.
提供元:あにぶ

【関連記事】
【2015年冬アニメ】『アイドルマスターシンデレラガールズ』の世界と魅力
『うたの☆プリンスさまっ♪』黒崎蘭丸に全力で萌える
アニメ『Wake Up,Girls!』に見る現代アイドルアニメの新境地【前編】
一大ムーブメントを巻き起こした『アイドルアニメブーム』を振り返る【前編】
熱血アイドル女子集団μ’sが活躍する『ラブライブ!』
あにぶ

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ