Amebaニュース

産後のからだケアは「ながら」で済ます!

1月21日(水) 0:00

提供:
妊娠して約10か月間で驚くべき変化を遂げるママのからだ。待望の我が子を産んだ瞬間、最高の喜びと引きかえに、勲章とも呼べる“タプタプのおなか”が残ります。

きっとそのうち戻るだろうと思ってもなかなか戻らない産後のボディライン・・・育児疲れも加わり、鏡に映った自分の姿にため息が出てしまうママも多いですよね。




■忙しい産後ママはまずはこれだけ意識すべし!
 「だって育児に追われて自分の時間なんて全く取れなーい。ましてや自分のためのエクササイズなんて、やる暇あったら寝ていたい。でもこのお腹どうにかならないかしら・・・」



そんな産後ママがまず意識すべきは日頃の姿勢。授乳や片側での抱っこで非対称的な姿勢ばかりとっていませんか?妊娠中の重かったお腹を支えるために反り腰で歩いていたママは、その姿勢の取り方が残っていて腰痛の原因となったりします。気づいた時には鏡の前で姿勢チェック!正しい姿勢はボディライン改善への近道です。



 
■コツは生活動作に組み込むこと。
姿勢が意識できたら次に取り組みたいのが腹筋エクササイズ。腹筋といえば、想像するのは仰向けで膝を曲げ、頭を上げるというあのスタイルですが、産後ママのおなかは腹直筋が伸びで横に広がってしまっているため、うまく腹筋を働かせることができません。ましてや「クランチ」は、腹直筋離開を悪化させるので産後ママはむやみにやってはダメ!



--------------------------------------------------------------------------

今日は誰でも簡単!

「ながら」でできる「簡単な腹筋エクササイズ」のコツを伝授します!



まずは腹筋が使われている感覚をからだに覚えさせましょう。

①踵とふくらはぎがつくぐらい壁に近づき、両手を最大限に上に伸ばして壁に寄りかかる。



②顎を引き、おしっこを我慢するように膣を引き締めながら、おなかを凹まし「ハァー」と下から上に息を吐き切る。息を吐き切った最後に下腹部に力が入り筋肉が硬くなるのを感じ取れるはず。

これで横に別れて広がった腹直筋をまっすぐに引き伸ばしながら腹筋運動ができます。

--------------------------------------------------------------------------

からだがその感覚を覚えたら、あとは生活の中に取り入れるだけ。



ドライヤーをかける3分、信号待ちをする3分、レジ待ちの3分、子供を寝せつけて仰向けのまま3分。両手を伸ばしたときのように背筋をしっかり伸ばして膣を引き締めながら息を吐き切る。時間がなくても、これならどこにいてもできるはず。





このエクササイズ。腹筋だけでなくおまたの部分の筋肉もしっかり使うのでむくみ予防、腰痛・尿漏れ改善、代謝アップ、性感覚の向上にも効果的♡。どこもかしこも緩んでしまったからだにぜひ試してみては?





(ライタープロフィール)

おおばやしまつの/女性専門理学療法士・ペリネケアアドバイザー

専門知識を生かし、産後ママを中心に女性のからだづくりをお手伝いする3人の男の子ママ。自身のケアは専ら生後半年の三男同伴の子連れスタイル。三男おんぶに2歳の次男が乗ったベビーカー抱えて階段を駆け上がるなんて朝飯前。近い将来スカイダイビングで大空を舞うことを夢見ている。

【関連記事】
これって”オバサン化?”5つの見分けポイント!
実はあなたもシミ予備軍?手遅れになる前にすぐ始めたいシミ対策
もう「下半身ブス」なんて言わせない!!あこがれのカモシカ足を手に入れる方法
もしかしたら私も「オス化」?見分けポイント5つ!
産後のからだケアは「ながら」で済ます!
wife

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ