Amebaニュース

「女子力男子」「化粧ポーチ男子」!? 2015年増殖中の自分磨きに奔走する男子たちとは

1月17日(土) 12:00

「女子力男子」「化粧ポーチ男子」!? 2015年増殖中の自分磨きに奔走する男子たちとは
 ◯◯男子や◯◯女子、◯◯世代など、イマドキの若者を表す言葉は次々と生まれます。

2015年ブレイク必至の「ハイブリッドスイーツ」とは?

2013年の新語・流行語大賞にノミネートされた言葉「さとり世代」は、欲がないと言われている世代を指す言葉。2014年は、地元を愛し、同年代の友人や家族との仲間意識を基盤とした生活を続ける「マイルドヤンキー」という言葉も生まれました。

そんな“イマドキ”を表す言葉ですが、2015年はひょっとすると「女子力男子」が流行るのかもしれません。この「女子力男子」に詳しいのが、「マイルドヤンキー」という言葉の生みの親であり、博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーの原田曜平氏。

原田氏は、「女子力を身につけた男子が新しい市場を創りだす」と、書籍『女子力男子』で提唱しています。

男子が『女子力』を獲得しようとしている!?

現在の若い世代の特徴として、「恋愛離れ」があります。国立社会保障・人口問題研究所の「出生動向基本調査(2010年)」によると、「交際している異性はいない」と答えた未婚男性は61.4%で、前回の2005年の調査よりもその数は上昇。

また、彼らの世代は割り勘が当たり前となっています。そういった背景から、以前よりも自分に対してお金が使いやすい土壌が醸成されつつあるのです。

そこで増えてきたのが、女性のような「自分磨き」に投資する男性です。

「例えば、化粧品をそろえて美容に励んだり、食材やキッチングッズにこだわって料理の腕をあげたりといった具合です。『女子力』を獲得しようとする彼らは、そのための労力や出費は惜しまない、女性顔負けの消費者です。いわば、こうした『女子力男子』とも呼ぶべき男子たちが、消費の中心に躍り出つつあるのです。彼らの多くは、いまは学生か、社会に出たばかりです。しかし、まもなく彼らが社会に羽ばたき、中心になっていき、いっそうの経済力・消費力を身につけていくのです」(同書より)

「女子力男子」には様々なタイプの男性がいると分析されていますが、その中でも、原田氏が男子の新勢力と2014年に発表して話題となったのが、「化粧ポーチ男子」です。

男子が「化粧ポーチ」を持ち運ぶ理由とは

化粧ポーチ男子とは、女性のように小ぶりのポーチに化粧品などを入れて持ち歩く男子のことです。ハンドクリームをはじめ、リップクリーム、制汗シートなどが化粧ポーチに入っています。男性用の化粧品が増えたことが、この化粧ポーチ男子の増加に拍車をかけた様子。

また、もう一つの理由としてソーシャルメディアがあると原田氏は分析。

「ソーシャルメディアによって、若者言葉でいう『バメン(場面)』行動が増えたことが挙げられます。例えば『いま、渋谷。誰かいる?』などとツイッターでつぶやき、その反応によって場面ごどに判断し、会う人や行き先を決める行為の広がりによるものです」(同書より)

つまり、ソーシャルメディアの普及により、若者の行動から計画性が無くなりつつあり、いきなり知り合いと集まって外泊することも発生しているのです。そんな時に化粧ポーチを持っていれば、その中に歯ブラシやヘアトリートメントが用意されていれば、ストレスなく外泊を楽しめるのです。原田氏の調査では、BBクリームやコンシーラーなどメーキャップ化粧品をポーチにつめて歩いている男子もいたようです。

まだマジョリティになっているわけではありませんが、女子力男子は少しずつ増加傾向にあるようです。まだ始まったばかりの2015年ですが、今年は「女子力男子」が市場に登場するのか、早くも注目が集まっています。


【関連記事】
浮気の一歩手前かも!? 「うまいことやりやガール」の行動集
なぜに!? 男が“ドキッ”としちゃう「干物オンナ」の休日行動4選
アラサー女性に聞いた、「年下彼氏」と長続きする5つのポイント
2015年「結婚パワースポット」ベスト3、ここに行けば結婚できるかも!?
実録! “超イケメン”と付き合った女たちの光と影
ウレぴあ総研

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ