Amebaニュース

恵俊彰、選挙特番に初出演!「疑問に思ったことを素直に聞く」TBS『乱!総選挙2014』

12月13日(土) 18:17

12月14日(日)に行われる衆議院選挙に伴い、TBSでは『乱!総選挙2014』を当日19時57分より、5時間30分にわたって生放送。同番組にゲスト出演する恵俊彰が、同局で行われた囲み会見で見どころや意気込みなどを語った。

同局の『ひるおび!』で司会を務めている恵が、選挙番組に出演するのは今回が初。「選挙をこの時期に行うこと自体に驚いていましたが、選挙特番出演のお話が来て、さらに驚きました。今回の解散は、『ひるおび!』でも取り上げていた話題だったので、興味深く思っています」と、オファーを受けた時の心境を語った。当日の生放送については「視聴者目線で、噛み砕いて。“このような結果を予想していましたか”など、その時疑問に思ったことを素直に聞こうと思います。あとは、いつ解散しようと思ったのかも聞きたいですね。2012年の解散の時、『ひるおび!』で“近いうちって具体的にどれくらいのこと?”と聞いたことがあるのですが、その時とは違い、今回は噂が本当になったような部分があるじゃないですか。なので、いつ頃決まっていたのかなというのは、気になります。また、当日はさまざまな波乱が生まれると思うので、その日になってから初めて聞けることも出てくるでしょうね」と語った。

また恵は、『ひるおび!』で政治ネタを扱うことによって、ある種の“面白さ”を感じているという。「番組内で我々がニュースに対する意見を言うことによって、後日政治家が“そういう意味ではない”などの反応をしてくることがある。そういうのって、ドラマチックだと思うんです。もちろん自分たちの意見だけではないですが、政治家の失言をはじめ、あらゆる事象がどう政治に作用してくるんだろうという点が、ある種のロールプレイングのようで興味深いんです。個人的には、政治の、調子が良い時ほど実は危険だという点にも、ライブ感を感じている。本当、何が起きるかわからないですよね」と目を輝かせた。また、もともと政治や歴史は大好きな分野だったという恵。「特に、権力闘争がね(笑)。三角大福中なども、次は誰が天下を取るんだろう、という感じが大好きでした。実際にそういった闘争を(報道を通じて)見ると生々しいので戸惑いもありましたが、番組にゲストで来て下さった政治家の方々はとてもフラットな方が多かったので、さらに興味が持てたんです」と語った。さらに、「例えば、今回の解散は、閣僚のゴタゴタがあって選挙するタイミングではないのに早めに選挙をした。佐藤栄作さん時代の黒い霧解散と似てると言われていますよね。解散というのは、不信任案が出された時だけではなく、総理が自分のタイミングで図れるものなんですね。総理の立場で考えてみると、そういったカードの使い方が面白く思えてくる。4年ある中で、1度もカードが使えない人と、ここぞという時に使う人もいますし。それを見て、この一手は予想外だなと思ったりね。政治なので面白がるだけではいけませんが、興味を持つきっかけとしてはそういった人間ドラマを追うことも良いと思います」と、熱弁した。

2013年に解禁されたネット選挙の話題になると、「公示後は、マスメディアはあくまで公平に報道するので、国民はそこから取捨選択してください、ということだと思うんです。その反面、本来のインターネットって個々がインタラクティブにコミュニケーションできるものじゃないですか。だから、僕はネットって選挙に向いているツールなのかと疑問を感じていたんですが、大勢の人に一気に同じことを伝えられたり、各党の政策を各々の都合の良い時間に確認できたりするのは、とても便利だと思います。とはいえ、これだけネットやSNSが広がっていくと、情報が選び放題ですよね。どう受け取るかが試されているとも思いますね。また、好きな時間に見たり書き込んだり出来るツールなので、代議士に自分の声を届けたり、審議してほしいことを伝えたりと、ルールの範囲内でもっと突っ込んだことをしても良いとは思います」と語った。

さらに、「選挙は、自分たちの意見を反映させる機会。自分が期待出来る代議士を、いる中から選ばなくてはならない。選んで、責任を持ってその行方を見続けた上で、初めて“違ったじゃないか”と文句が言えるんだと思う。また、アベノミクスもそうですが、他にも集団的自衛権のことや特定秘密保護法のこと、いろいろなことが論じられていますよね。有権者は、その中のすべてに均等に興味が持てるとは限らないので、経済でも安全保障でも良いし、何かひとつでも興味が持てるものを見つけ、その分野について同じ意見を言っている人に投票をすれば良いと思う。100%自分の望む政策をする党があれば良いけど、全方位で同意できる党があるとは限らないし、あってもその通りになることはないかもしれない。いろいろ出された料理の中から好きな料理を選ぶ、そんな感じで良いと思う」と力説した。

恵は、「僕も当日投票に行ってからTBSに向かうので、会場の雰囲気やその日の気温など、感じたことを番組の中で出して行ければ。短い時間の中に何を聞けるかですね。僕自身も、当日のライブ感を楽しみたいです!」と意気込む。TBS・JNNでは、ネットワークをあげて選挙の情勢を総力取材し、同番組を通じてどこよりも早く正確な議席予測、開票当確情報を発信。また、全国の中継ネットワークを駆使して候補者たちの当落などを生実況する。さらに、竹内明、膳場貴子、岸井成格らが、スタジオに登場した各党幹部や大物政治家に、日本の行く末について鋭く直撃する。

■『乱!総選挙2014』
2014年12月14日(日)19:57~26:30(TBS系列)

【メインキャスター】竹内明、膳場貴子
【アンカー】岸井成格
【ゲスト】恵俊彰
【情報キャスター】佐古忠彦、高畑百合子(TBSアナウンサー)
【解説】日野桂文(TBS政治部長)
ほか 政治家ゲスト

テレビドガッチ

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ