Amebaニュース

「魔苦怒奈流怒」読めます?昭和ヤンキーは漢字で書く!

11月18日(火) 10:37

今ではあまり見なくなりましたが、昭和の時代には暴走族の皆さんがたくさんいらっしゃって、やんちゃな「ヤンキー文化」を形成していました。その一つが「難しい漢字を並べてカッコよくする」というものです。最近では見かけなくなった「漢字表記」をご紹介します。

●夜露死苦
⇒「よろしく」
最もポピュラーな漢字表記ではないでしょうか。現在でも見かけるという話も。

●愛羅武勇
⇒「アイラブユー」「I love you.」
「愛羅武優」と書く場合もあります。若い世代には全く分からないと思いますが『なめ猫』のステッカーの中には「愛羅武勇」と書いてあるものがありました。

●仏恥義理
⇒「ぶっちぎり」
勢いを感じさせる言葉です(笑)。「仏の恥」と書くのが面白いですね。

●走死走愛
⇒「相思相愛」
悪さはしていても「意外と純」みたいな感じでしょうか。

●愛死天流
⇒愛してる
そのままストレートには言えないので、こういう漢字表記にしたのでしょうか。

●喝斗毘
⇒「かっ飛び」
「かっ飛び」という言葉自体を最近は使わないですね。「常識外れの」「勢いよく走っていくさま」というような意味です。

●鬼魔愚零
⇒「気まぐれ」
「鬼」「魔」など恐ろしげな漢字を使って書くような内容ではないのですが(笑)。

●本気
⇒「まじ」
本気と書いて「マジ」とルビを振る。これは現在でも通用しますね。

●漢気
⇒「おとこぎ」
漢と書いて「おとこ」とルビを振る。ヤンキー漫画などで現在でも見かける表記かもしれません。

●摩武駄致
⇒「まぶだち」
いわゆる「親友」のことですね。

●陀異守鬼
⇒「大好き」
レディースの皆さんが使った表記だそうです。

●阿離我妬
⇒「ありがとう」
難読表記ですね。こうなるとほとんど「万葉仮名」ですな(笑)。

●天上天下唯我独尊
⇒「てんじょうてんげゆいがどくそん」
「私だけが尊い」という意味ですが、昔の暴走族の特攻服にはよくこう書いてありました。お釈迦様が生まれたときにこう言った、という伝説があります。

●愛死美絵無
⇒「ICBM(アイシービーエム)」
大陸間弾道弾なのですが、なぜこのようなミサイルまで漢字表記にしたのか。確かに勢いは感じますが。

●魔苦怒奈流怒
⇒「マクドナルド」
こう漢字で書くと、なぜか「ドナルドが怒っている様」が頭に浮かびませんか?

●怒羅衛門
⇒「ドラえもん」
あのかわいい外見のドラえもんも、こう書くと相当いかつい感じになりますね。

最後に昔のヤンキー用語とされているものを一つご紹介します。

●出発
⇒「でっぱつ」
「出発すること」をこう言ったそうです。漢字の読み間違いじゃないそうです(笑)。「レコード業界ではこう言う」という話もあるようですが、ウラが取れませんでした。

いかがでしたか。全部漢字で表記しようというのはいったい誰が始めたことなのか、今となっては不思議な感じがしますね。いろんな言葉の漢字表記がありましたが、皆さん読めましたでしょうか?

(高橋モータース@dcp)

関連リンク
1月は睦月「共に仲睦まじく過ごす月」―昔の月の呼び名に秘められた意味
寝る子? ネウネウ? ぬくい子? 諸説ある「猫」の語源とは……
春夏冬や四月一日、頓知を利かさないと読めない日本の小粋な名字たち
マイナビウーマン

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ