Amebaニュース

だれかと食べ物を分かちあう喜びを

11月2日(日) 23:45

提供:
20141021_table_for_two_1.jpg

現在、世界70億人のうち、先進国では過体重人口が10億人にも上ります。その反面、開発途上国では飢餓人口が10億人もいるのです。

ヘルシーメニューで寄付ができる 生活習慣病などの飽食の問題と飢餓問題の同時解決を目指す、日本発、特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(TFT)が取り組むキャンペーン「100万人のいただきます!」が、今年も10月16日から11月30日まで1か月半実施されています。

本キャンペーンでは、ヘルシーメニューの喫食によるカロリーオフを通じ、アフリカ・アジアの子どもたちに温かな給食(1食20円)をプレゼントできます。気軽に社会貢献とメタボ予防ができることが人気を呼び、TFTの活動に7年間で累計2,807万人超が参加し、2,807万食超の給食が贈られました(2014年8月末現在)。

6回目となる今年は、オイシックス、カフェ・カンパニー、大丸松坂屋などが参加し、1か月半で100万人の参加、100万食の給食の寄付を目指しています。

限定メニューやプロダクト 大丸松坂屋

20141021_table_for_two_6.jpg全国9店舗の大丸・松坂屋の計107の店内レストランにて、TFTチャリティメニューを販売。対象メニューを注文した際は、会計時に20円(学校給食1食分)の募金への協力をお願いすることに。

ビナーシェ

20141021_table_for_two_4.jpg栄養価の高いナッツなどを使用したイタリアの伝統菓子「ビスコッティ」を「Binasce」で販売。売上の4%が、TFTを通じて開発途上国の子ども達の学校給食になります。

カフェ・カンパニー

20141021_table_for_two_5.jpg飲食店での食べ残しをおしゃれに持ち帰る「Osusowake Bag」を、レストランやイベント会場などで配布。飲食店や消費者の方々の間で食料廃棄問題について考える機会を生み出します。

その他にも、社員食堂プログラム実施企業・団体(約660社・団体)がTFTメニューを社員食堂で販売します。また、飲食店、自動販売機、大手お弁当注文サイト、学生食堂や学園祭などでTFTメニューを販売します。

参加者は、飢えに苦しむ世界の子どもと食事を分かち合うことで、心も体もヘルシーになり、健康的な食事をとることの大切さについても考えることができます。なにより、世界のどこかに喜んでくれる子どもがいると思うだけで、「参加してよかった」と思えるはずです。

[PR TIMES]



■ あわせて読みたい

ヒール靴による痛みや疲れに。足トラブルを避ける靴の選びかた
40歳を過ぎて気づいた。藤原美智子さん流、心地よさを叶える秘訣
第1期生の満足度は94%!「Tech Instituteアプリ開発者養成講座」第2期が来年1月に東京・大阪で開講決定
未来のイノベーターにフレフレ。村田製作所チアリーディング部に込められた想いを聞いた
ニャンと快適なんだ?ネコの気持ちがわかるのかな?
MYLOHAS

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ