Amebaニュース

ジャン=リュック・ゴダール初の3D長編作「さらば、愛の言葉よ」1月公開決定!

10月29日(水) 10:00

提供:
 ジャン=リュック・ゴダール監督初の3D長編作で、第67回カンヌ映画祭審査員特別賞を受賞した最新作「Adieu au Langage 3D(英題:Goodbye to Language 3D)」が邦題「さらば、愛の言葉よ」として、2015年1月の公開が決定。“3D”を意識したデザインの日本版メインビジュアルがお披露目された。

 ヌーベルバーグの代表作として知られる「勝手にしやがれ」で、半世紀以上も前に映画史を<ゴダール以前>と<ゴダール以後>のふたつに隔てた名匠が、2014年に再び映画史を変革する衝撃作。とある人妻と独身の男の関係と会話を軸に、目くるめく映像と音の世界が展開され、ゴダールならではの革新的な“映画芸術”として3D技術を用いている。

 83歳の今もなお、新たな領域に挑み続けるゴダールに、「これはゴダールの遺言である」(ル・モンド紙)、「ゴダールの想像力は完全無欠だ」(ウエスト・フランス紙)とメディアも絶賛。また、本作にはゴダールの愛犬も出演しており、第14回パルムドッグ賞審査員特別賞を受賞している。

 「さらば、愛の言葉よ」は2015年1月、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開。

【作品情報】
さらば、愛の言葉よ

【関連記事】
ジャン=リュック・ゴダール、カンヌ映画祭をドタキャン 初の長編3D映画に賛否
ジャン=ピエール・レオが初来日「大人は判ってくれない」撮影秘話語る
「気狂いピエロ」「夜霧の恋人たち」ヌーベールバーグの作曲家が死去

(C) 2014 Alain Sarde - Wild Bunch
映画.com

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ