Amebaニュース

預かった犬が怪我!その時かかった治療費は請求できる?

10月24日(金) 7:00

旅行に出かける際に、飼っているペットを誰かに預けなくてはならない場合がありますよね。専門のペットホテルやペットショップなど、方法はさまざまですが、個人的に預かるケースも多いようです。教えて!gooには、預かった犬に関するこんな質問が寄せられています。

預かっている犬を怪我させてしまったとき

相談者は、海外出張するご夫婦から半年の約束で2匹の犬をボランティアで預かったとのこと。事前に、なにかトラブルがあった際には、責任が取れない旨は先方とのメールで同意済みだそうです。しかし、子どもが抱いたはずみに犬を落としてしまい、足を骨折させてしまったとのこと。この場合、手術に掛かった費用を先方に請求することができるのかと質問しています。

■先方との話し合いが大切

「請求をしてみることは可能です」と回答しているkamobedanjohさん。「しかし、預かった以上『善意の管理者』としての治療(弁償)義務は存在します」とも付け加えられています。「ここは、請求という様な形は避け、下手から(中略)…お話されては如何でしょう」と提案。まずは、相手の方との話し合いが大切という意見です。

makookwebさんは、「請求は可能です」と前置きした上で、「相手が払うかどうかは別問題です」と指摘します。「基本的には話し合いになりますが、話し合いでもまとまらなければ、裁判するしか方法はありません」とも。
「事前に契約書を交わしていて、細かい内容まで記載されていれば、裁判しても勝てないと相手が思って支払うことはあります」とその可能性について述べています。さらに、

「全額の支払いに納得しそうもないなら、ある程度自分たちの過失を認めて50%の請求にするとか、上手く交渉してください」とも言い添えられています。

■状況によって専門家に相談

一方こんな回答も寄せられています。

「一般的な常識的な管理を行っていた場合は、責任を負いません。先のメール内容を元に、請求することができます」と述べているoskaさん。相談者と先方の間で交わしたメールの内容が重要なポイントとなるようですね。

ohkinu1972さんは、「抱っこしていた犬が暴れてフローリングに着地した際に骨折したという現象は、一般的な飼い主の管理下でも起こりうる状況と推察されますので、相手に支払い義務はあると思います」と回答。
しかし、「実際には詳しい状況によって異なる可能性がありますので、市役所の無料法律相談などで相談されることをお勧めします」と話します。

好意で預かった犬を不注意とは言え、怪我をさせてしまった相談者。治療にかかった費用を請求するには、誠意を込めた話し合いが求められるようです。
話し合いで解決しない場合は、法律の専門家を頼って最適な方法を見つけることが大切だと言えそうです。

1000本 ノッカーズ(1000 knockers)

■関連記事
上階の子どもの足音に困っています…対処法を教えてください。
子どもが学校の物を壊してしまった!全額弁償は必須ですか?
■人気Q&A
飼っている犬をかわいいと思えなくなってしまいました
はじめて犬を飼います.オススメの犬はなんですか?(室内犬,丈夫,飼いやすい)
預かっている犬を怪我させてしまったとき
教えて!goo ウォッチ

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ