Amebaニュース

『機動戦士ガンダム』35周年記念、今更聞けない「ガンダムシリーズ」のことpart2「宇宙世紀編その2」

10月24日(金) 20:00

提供:

ガンダム作品の歴史や魅力を第一回に引き続き、『宇宙世紀シリーズ』という視点から解説を行っていきたいと思います。
前回は「宇宙世紀」の概要や、作品リストを消化してきました。
宇宙世紀のガンダム作品は放送時期や、発表時期をみてもかなり昔の作品が多いのですが今も尚、宇宙世紀のガンダムファンを魅了する宇宙世紀の魅力とは一体なんなのでしょうか。

■宇宙世紀は歴史大河ロマン
宇宙世紀シリーズの魅力はなんと言っても緻密に練られた構想と設定、そして歴史大河ロマンにあると思います!
こういう風に語ってしまうとガンダムに詳しくない方には敬遠されてしまいがちかもしれませんが、前回でも説明した通りに作品単体でみても十分に楽しむことはできます。
しかし、宇宙世紀の歴史背景や共通した設定を知っているだけで何倍にも楽しむことができるのが「ガンダム」という作品なのです。

■知っておくと楽しめる要素
例えば、「シャア・アズナブル」という人物はガンダムに興味がない方でも知っている人はいるのではないでしょうか。
通称「赤い彗星」と呼ばれエースパイロットとして活躍し、搭乗する機体を独特の赤い色に染め上げたり、仮面をかぶった怪しいビジュアルは視聴者にも強く印象づけました。
このシャアという人物は宇宙世紀シリーズの様々な作品に登場し、自分の所属する軍である「ジオン公国軍」の実権を握る「ザビ家」の人物を暗殺したり、時には味方だったり、かと思ったら地球にコロニーを落としたりとまさにやりたい放題やっちゃう人物なのです。
『機動戦士ガンダムUC』では歴史の授業にも登場しちゃうくらいの伝説的な存在の人物。シャアというキャラを知るだけで宇宙世紀シリーズのガンダムをより楽しめると思います。
この仮面やサングラスをかけるキャラは後々のガンダム作品には絶対に登場する伝統のようなものになっています
さらには、ガンダム作品に登場するロボットは「モビルスーツ」と呼ばれていますが、時代を追うごとに一世代前の後継機が出てきたりと時代と共に進化する機体の変化が楽しめたり、
モビルスーツ開発を行っている「アナハイム・エレクトロニクス社」は『機動戦士ガンダム 0083』でガンダム開発計画を立ち上げると以降、様々な作品のガンダム開発に携わり、名前がでてきます、
このように知っていると小ネタ的に楽しめる要素だったり、宇宙世紀シリーズの作品を年代別に通してみるとより深く楽しむことが満載なのです。
宇宙世紀の年表なんかも調べてみるとすごく面白いのでおすすめです。
 
(あにぶ編集部/Uemt)


【関連記事】
『機動戦士ガンダムSEED』の人気を生んだ2つのポイント
OVAを超えた気合と迫力‐『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』
『機動戦士ガンダム』35周年、今更聞けない「ガンダムシリーズ」のことpart1「宇宙世紀編」
ガンダムとは何ぞや?答えは『ポケットの中の戦争』の中に!
ガンダム版「ロミオとジュリエット」『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』
あにぶ

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ