Amebaニュース

ガスだまりの原因となる生活習慣と解消法6つ

10月14日(火) 21:00

提供:
【女性からのご相談】
お腹にガスがたまっているようです。凄く張った感じがするし、仕事中もオナラが出たらどうしようと気になって仕方ありません。見た目もお腹がポッコリしてるし、市販薬を飲んでお腹の張りが無くなってもオナラがたくさん出たらと思うと怖くて飲めません。何か良い方法はありませんか?

●A. 生活習慣を見直しましょう。

こんにちは。健康管理士のSAYURIです。

前回は、ガスだまりの原因と食事対策をご紹介しましたが、今回は、食事以外の原因とその対策についてお話をしたいと思います。意外と自らガスだまりを悪化させているかも!?

●ガスだまりの原因と対策6つ~生活編~

●(1)ストレス

腸の働きは自律神経に支配されているため、ストレスで自律神経が乱れると、正常に腸が働かなくなり、ガスが溜まります。これが最も大きな原因かもしれません。自分なりのストレス解消法を見つけ、ストレスを上手くコントロールしましょう。

●(2)デスクワークが多い

仕事がデスクワーク中心で、PCに向かっている時間が長い場合、猫背になりやすく、肩や首の凝りに悩まされる人も多いと思います。

猫背になると腹部が圧迫され、胃腸の働きが鈍くなってしまいます。また、凝りがストレスになり、更に悪化させてしまう可能性も。

背筋の伸びた姿勢は見た目が綺麗なだけでなく、お腹の張りも防いでくれるので、気を付けたいところですね。

●(3)運動不足

女性は男性に比べると筋肉量が少なく、腸の蠕動運動を促す腹筋も弱くなりがちです。ストレッチやヨガ、腹筋を使う腹式呼吸などを習慣にすると良さそうですね。

●(4)睡眠不足

睡眠不足は自律神経を乱して、腸の働きに影響を及ぼします。また、夜更かしをすると、小腹が空いてつい何か食べてしまいがちですが、胃腸の働きが低下する深夜に食事やおやつを食べると、胃腸への負担が大きく、ガスが溜まりやすくなります。お肌のためにもお腹のためにも、睡眠はしっかりととりたいものですね。

●(5)締め付けの強いストッキングやスキニーパンツ

ガスだまりでポッコリ見えてしまうお腹を誤魔化すために、つい履いてしまうガードルや強いサポート力のあるストッキング。その他、締め付けが強いワリに動きやすいスキニーパンツなど。これらは腸を圧迫し、血流を悪くします。腸の働きが悪くなったり、冷えを招いてしまうので要注意です。

●(6)生理前

生理前はホルモンのバランスの変化によって、腸の蠕動運動が弱くなってしまいます。そのため、お腹の張りを感じる女性が多いようですが、この時期は特にストレスや睡眠不足などの他の原因と重ならないよう、注意が必要です。

ーーーーーーーーーー

いかがでしょうか? 思い当たるところがあれば、改善を試みて下さいね。普段運動する習慣が無い人も、ストレッチやヨガ、腹式呼吸をしてみると良いでしょう。

(ライタープロフィール)
SAYURI(心理食育インストラクター)/長年の医療機器メーカー勤務の経験から健康管理士、食育インストラクター。心理カウンセラーの資格を取得し、健康管理士事務所『優縁』を設立。現在、食で愛を育む食愛ナビゲーターとして、食育の講演や執筆活動を中心に、NPO法人『予防医療推進協会』理事長として、成人向けの生活習慣改善のさまざまな提案を発信中。

【関連記事】
運気UP! あなたの「恋愛本質」を読み解くスゴい方法
「やってよかった」の声多数! 失恋女性が噂のメール占いで相談してみた結果
お腹にガスがたまる原因と対策5つ
夏に摂取する冷たい飲み物の落とし穴
健康の証拠!? お腹が鳴る原因と対策4つ

パピマミ

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ