Amebaニュース

須藤理彩、思わず涙! 主演作「小川町セレナーデ」初日舞台挨拶で

10月4日(土) 17:05

提供:
 新鋭・原桂之介の映画初監督作品「小川町セレナーデ」が10月4日、東京・神奈川の2スクリーンで封切られた。主演の須藤理彩、藤本泉、安田顕、原桂之介監督は、東京・角川シネマ新宿で行われた舞台挨拶に出席した。

【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶の様子はこちら

 笑顔で話し始めた須藤だったが、みるみるうちに目が潤み「もう、やだあ」と思わず涙。「本当に楽しい現場で、原監督の作品に関われて嬉しく思います」と感無量の面持ちを浮かべた。2児の母親である須藤は「(娘の)小夜子は役の中でどんどん成長してく。母親としての関わり方がブレなければ私も一緒に成長していけると思って演じました」と、自身の母親としての経験を役に投影したことを明かした。

 初めてオカマ役に挑戦した安田は、「みんなでガールズトークもしましたよね。ダイエットの話とか」とニヤリ。須藤から「どんどん鏡に見とれる時間が長くなっていましたよね?」とツッコミを入れられると、「最後の方は気に入っちゃって毎日自撮りしていました」と胸を張った。そして、「僕自身というよりは、みんなの作品」とスタッフに感謝を述べた。

 また、「生きていく上での座右の銘」を問われると、須藤は「冬来たりなば春遠からじ」と答え、「人間必ずラッキーとアンラッキーは平等に訪れると信じている。そう思うだけで今とっても頑張れる。撮影初日に真夜中に入って、翌日夕方に終わったときも考えました。いつか寝られる時がくるって(笑)」と壮絶な撮影現場だったことをさらっとした口調で明した。

 閉店寸前に追いこまれた「スナック小夜子」を営む真奈美(須藤)は、親友のオカマダンサー・エンジェル(安田)との間に生まれた娘・小夜子(藤本)を女手ひとつで育てている。店の危機を知った小夜子は、偽オカマバーとして店を立て直すことを決意し、エンジェルが実の父親であると知らないまま助っ人を頼む。

【関連記事】
【作品情報】「小川町セレナーデ」
【予告編】「小川町セレナーデ」
安田顕、オネエ役でムダ毛処理を初体験「撮影終了後に習慣づきました」
竹野内豊×バカリズムの異色ドラマに安田顕、小西真奈美、仲村トオルがゲスト出演!
映画.com

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ