Amebaニュース

山下智久、高校時代は「宿題をやらず怒られた」『近キョリ恋愛』劇中衣装で小松菜奈と学園祭にサプライズ登場

9月28日(日) 20:17

10月11日(土)公開の映画『近キョリ恋愛』主演の山下智久とヒロイン役の小松菜奈が、28日に東京都千代田区・錦城学園高等学校の学園祭にサプライズで登場。約600名の生徒たちの大歓声に迎えられた。

本作は、みきもと凜による同名の大人気少女コミックが原作。山下演じるイケメンのツンデレ英語教師・櫻井ハルカと、小松が演じる超クールな天才女子高生・枢木(くるるぎ)ゆにが織りなす胸キュンのラブストーリーが描かれる。

体育館で行われた、同高の学園祭・後夜祭では、様々な部門の表彰式が行われ、最後に“胸キュン”パフォーマンスのコンテストで優勝した生徒を表彰。そこで山下と小松が劇中の衣装でプレゼンターとして登場し、「やばい!」「かっこいい!」「可愛い」などの声が飛び、会場は大歓声に包まれた。熱烈な歓迎を受けた山下は「こんばんは、皆さんすごい元気ですね。色々とこの映画のイベントに出席しましたが、ここが一番です」と挨拶。小松も「すごいですね。高校生、いいですね~」と、笑顔を弾けさせた。

壇上では、優勝した男子生徒が、女子生徒の格好をしたマネキンの人形に向かって「期待しすぎなんだよ、バーカ」などのツンデレな台詞を織り交ぜて恋愛シーンを実演。映画の中で様々なツンデレの台詞・演技を披露している山下は「ツンデレだね(笑)。キュンキュンしました!」と、小松も「可愛いと思います!」と、それぞれ感想を語った。

また、司会の生徒からは、二人に対して「どんな高校生でしたか?」との質問が。山下が「勉強が嫌いだったので、宿題をやってなくて、よく先生に怒られていましたね(笑)」と振り返り、続けて「すごく怖い体育の先生がいたんですけど、その先生が卒業式の時に一番泣いていて。皆さんの先生方も、愛を持って接してくれていると思いますよ」と生徒たちに語りかけた。また、映画ではクールで無表情なヒロインを演じている小松は、「私はチアリーディング部に所属していて、いつも外で遊ぶような活発な生徒でした」と、意外な素顔を明かした。

最後に生徒たちと一緒に記念撮影を行った二人。山下が「錦城、最高!」と生徒たちを盛り上げるなど、終始、大盛り上がりのイベントとなった。そして、間もなく公開となる映画『近キョリ恋愛』について、山下は「少女漫画ならではの胸キュンシーンがあり、ポップさもある作品。本当に大切な人と観て欲しいです」と、小松は「胸キュンシーンはもちろんですが、友達同士の固い友情も描かれています。ぜひ、映画館で観てください!」と、それぞれ見どころをアピールした。

関連リンク
【画像】高校の学園祭に『近キョリ恋愛』劇中のボブヘアー&女子高生制服姿で登場した小松菜奈

【インタビュー】映画『近キョリ恋愛』ヒロイン役・小松菜奈、山下智久とのキスは「ピュアなキス」!?

山下智久、小松菜奈に褒められ「焼き肉に行こう」と提案

山下智久「バーカ、好きだよ」ツンデレセリフに熱狂!TGCにサプライズ登場

山下智久、18歳当時は「チャラかった」と告白!『近キョリ恋愛』胸キュンのツンデレセリフも生披露
テレビドガッチ

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ