Amebaニュース

玉山鉄二&シャーロットの前に泉ピン子が立ちはだかる!?連続テレビ小説『マッサン』

9月10日(水) 12:30

現在放送中のNHK連続テレビ小説『花子とアン』に続き91作目となる平成26年後期連続テレビ小説『マッサン』。3日(水)に渋谷の同局にて、第1週試写会と会見が行われ、主人公の亀山政春(マッサン)役の玉山鉄二と、亀山エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスと、亀山早苗役の泉ピン子が出席した。

国産初のウイスキー製造に挑むマッサンとエリーの夫婦の愛と冒険を描いた本作。帰国した2人の前に立ちはだかるマッサンの母・早苗役を泉が演じる。また、主題歌には、中島みゆきの新曲「麦の唄」が決定。

玉山は、「第1週が完成したのを拝見して、すべてが報われたというか。まだまだ撮影は残っているんですが、一生懸命頑張っていきたいと思っています」と語った。

シャーロットは、日本語で「久しぶりネ! よろしくおねがいします」とあいさつをした後、英語で「第1週のレビューを観て、この仕事にたいへん誇りを覚えました。それはひとえに、皆の関係性によるものです。特に、玉山さんとの関係によるものだと思います。そして、ピン子さん、いつも私をサポートしてくださり、温かく見守って面倒見てくださって、時には刺激を与えて、ハグまでしてくださって本当にありがとうございます」と感謝を述べた。

「おんなは度胸」以来の朝ドラ出演となる泉は、「(朝ドラの)キツさは誰よりも私が一番よく分かっています。お二人が倒れないように、いつも心配はしておりました。シャーロットが、こんなに英語が喋れたなんて(笑)。いつも台詞は日本語なもんですから、久しぶりに英語を聞きましたよ(笑)。彼女とコミュニケーションをとらなきゃいけないと思いまして、日本語に訳せるスマートフォンを買ったら、なんとシャーロットが日本語でもう答えているという。それ以来、スマートフォンは家に飾ってあります」と笑いを誘った。さらに、「出演依頼がきたときに堤真一さんが出るということで、私はお引き受けしたのですが、それがですね、堤さんと会いもしない、すれ違いもしない(笑)。撮りは全く別! でもこの若い二人のお力に少しでもなれたらなと。第1週を拝見して、「前田吟さんに、持ってかれたな」と感じております。ですが、私が死ぬ時は、数字をいただききます。いつも死ぬ時は、私NHKでは数字が高いですよ(笑)。今度死ぬ時も、めちゃくちゃ良いです! 私、昨日台本をもらって、みっともないですけど、新幹線の中で泣きながら帰りました。ぜひ見てください。良い死に方しますから」と、ピン子節をきかせた。

この『マッサン』は、“朝ドラ”初の外国人ヒロインが登場。90年以上前、ほとんど例のなかった国際結婚をした夫婦の奮闘記を描いていく。マッサンとエリーに次々と訪れるピンチ、それを乗りこえていく姿は、夫婦の絆、家族の温かい愛、あきらめない日本人の底力をお茶の間に届けてくれることだろう。日本のウイスキーの黎明期を支えた人たちが登場し、後に北海道で蒸留酒を開く、まさに生涯をウイスキーに捧げた「竹鶴政孝」さんと、その妻「リタ」さんがモデルのドラマに注目が集まる。

■NHK連続テレビ小説『マッサン』
2014年後期放送(NHK総合テレビ)

関連リンク
玉山鉄二、シャーロットという女優に出会えてよかった!第1週試写会&会見コメント

連続テレビ小説『マッサン』広島・竹原市でのロケスタート

シャーロット・ケイト・フォックス&玉山鉄二『マッサン』、相武紗季が宿敵!?

NHK朝ドラ『マッサン』初の外国人ヒロインはシャーロット・ケイト・フォックス!

NHK朝ドラ「ごちそうさん」「花子とアン」の次は初の外国人ヒロインで送る『マッサン』に決定!
テレビドガッチ

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ