Amebaニュース

慶大、3D映像が空中に投影される裸眼3Dディスプレイを開発

9月3日(水) 6:40

提供:
慶大、3D映像が空中に投影される裸眼3Dディスプレイを開発 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の舘暲(タチ ススム)特別招聘教授、南澤孝太准教授らは、複数のユーザーが同時に裸眼で観察できる3D映像を空中に投影できる3Dディスプレイ「HaptoMIRAGE(ハプトミラージュ)」を開発したと発表した。

同ディスプレイでは、3D映像は現実の環境の重ね合わせて表示されて、ユーザーは特殊な眼鏡をかけることなく、広い範囲から両眼視差と運動視差を持つ立体映像として観察できる。複数のユーザーが同時にそれぞれの立ち位置から適切な3D映像を閲覧可能で、3D映像を中心に約150度の広い視野角を実現する。

ユーザーと提示映像の間に障害物となる構造がないため、提示映像に直接手を伸ばして操作したり、空中に3Dコンピュータ・グラフィックスのスケッチを描いたりすることが可能となり、博物館展示やデジタルサイネージ、アーケードゲームなどさまざまな応用が可能だ。


HaptoMIRAGE

発表資料
URL:http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2014/osa3qr0000008d0x.html
2014/09/03


■関連記事
ドスパラ、高性能ゲーミングPC「XK-E 3Way」を発売 (2014.9.4)
ワイモバイル、防水防塵・耐落下衝撃対応スマホを発売 (2014.9.4)
ドスパラ、「MIRROR WAR」推奨PC計2モデルを発売 (2014.9.3)
エレコム、スマホと連動可能なリストバンド型の活動量計を発売 (2014.9.3)
エプソン、フラットベッドスキャナー2機種を発売 (2014.9.3)
エプソン、無線LAN対応の複合機「カラリオ」9機種を発売 (2014.9.3)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ