Amebaニュース

「STAND BY ME ドラえもん」興行収入50億突破!公開から20日目の快挙

8/30(土) 8:00

提供:
 「ドラえもん」シリーズ初の3DCGアニメ「STAND BY ME ドラえもん」の興行収入が、公開から20日目で50億円を突破したことを、配給の東宝が発表した。

 同作は、「ドラえもん」原作者の故藤子・F・不二雄さんの生誕80周年を記念し、シリーズ史上初の試みとなる3DCGアニメとして製作された。8月8日に全国319スクリーンで封切られると、興収ランキングで初登場から3週連続で1位を獲得。8月27日時点で、観客動員381万7074人、興収50億4305万8900円を記録した。

 製作陣は、「ドラえもん」をコミックやアニメ放送で子どもの頃に親しんでいながらも、大人になり自然に卒業していったすべての「子ども経験者」たちにこそ見てほしいという願いを込めて製作したという。しかしながら、実際の客層はそれだけに留まらず、親子はもちろん、祖父母と孫、友だち同士など、幅広い年齢層の観客が足を運んでいるという。

 「フレンズ もののけ島のナキ」を手がけた八木竜一と、「永遠の0」「寄生獣」の山崎貴が共同監督。原作から厳選したエピソードを再構成し、ドラえもんとのび太の出会いから別れや、しずかちゃんへ思いを寄せるのび太が奮闘し、幸せをつかむまでの姿を描いた。観客からは「泣ける」と評判で、大人層の支持率も高いことから、配給元の東宝は、夏休みが終わった後も動員・興収を伸ばす可能性が高いと期待を寄せている。

【作品情報】
STAND BY ME ドラえもん

【関連記事】
大ヒット中3DCG版「STAND BY ME ドラえもん」世界21の国と地域で配給決定!
3D版「ドラえもん」圧巻のVスタート、「トランスフォーマー」は3位
山崎貴&八木竜一、妥協なき共闘作業を経て“盟友”に対して思うこと

(C)2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会
映画.com

関連キーワード

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ