Amebaニュース

『ガラスの仮面ですが』が無料パズルゲームに! ゲームでもやっぱり原作崩壊

8月15日(金) 0:00

 少女漫画『ガラスの仮面』のパロディーアニメ『ガラスの仮面ですが』が、Yahoo!モバゲー『ガラスの仮面パズル~目指せ頂点!紅天女への道~』としてゲーム化されることが決まった。

【関連】『ガラスの仮面パズル~目指せ頂点!紅天女への道~』キャラ崩壊カード ギャラリー

 アニメ『ガラスの仮面ですが』は、連載36年、コミックス発行が累計5000万部以上の少女漫画『ガラスの仮面』が50巻発売(するかもしれない)を記念して、『秘密結社・鷹の爪』でお馴染のアニメスタジオDLEが製作。今年4月からBS12ch TwellV(トゥエルビ)で放送された。さらに、6月には映画化もされ、原作崩壊のユルくシュールなノリで巨匠“美内すずえ”の一大サーガに挑み、大きな話題となった。

 ゲームでは、プレーヤーが伝説の演劇“紅天女”の上演権を得るために、キャラクターカードを集めて自分だけの劇団を編成し、日本一を目指す。集めたカードで立ちはだかる日本各地の劇団と演劇バトルで対決。バトルは、色違いのジュエリーを直観的に操作できる簡単なパズル形式で展開される。

 「おでんのマヤ」、「男子学生の真澄」、「レディースの亜弓」、「らっきょうの月影先生」など、原作崩壊キャラクターはもちろんのこと、ご当地ライバルなどオリジナルキャラも続々登場。カード枚数は350枚を越すという。

 ゲームに勝つと「劇団員カード」や「アイテムカード」をゲット可能。それらを集めて、持ちカードのレベルアップをさせながらゲームを進めていく。さらに、原作崩壊の面白レアカードゲットのチャンスもある!?

 配信開始は8月15日を予定。課金形式は無料(アイテム課金制)。

■関連記事
何かが振り切れている…奇跡の漫画「ガラスの仮面」気合いの宣伝ポスター一挙公開
『ガラスの仮面』舞台化決定 北島マヤ役は貫地谷しほり「衝撃の世界にお連れします」
『ガラスの仮面』の劇中劇『女海賊ビアンカ』舞台化決定、第二の北島マヤを発掘
『ガラスの仮面』『北斗の拳』 名作がギャグとして復活するのはなぜか?
クランクイン!

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ