Amebaニュース

大人もハマるおいしさ。シンプル素材の国産ピーナッツバター

7月28日(月) 23:45

提供:
20140728_hnd_1.jpgアメリカの子どもたちのランチボックスの定番メニューといえば、ピーナツバターのサンドウィッチ。チャーリー・ブラウンのランチボックスの中にもよく登場するメニューです。

日本では子どもの食べ物といったイメージのピーナツバターですが、本場アメリカではピーナッツのクランチが入ったクランチタイプのものや、クリーミータイプ、無塩タイプのものなど、実に種類が豊富です。ホントに美味しいピーナツバターはそれだけでご馳走に。子どもはもちろん、大人も大好きな食べ物です。

20140728_hnd_2.jpg

そんなご馳走ピーナツバター、国産のものを見つけました。原料は千葉県産の落花生と九十九里産の海塩、そして北海道産のてんさい糖のみ。このシンプルさが美味しさの秘密。

「HAPPY NUTS DAYピーナッツバター」というネーミングもハッピー度200%です。粒あり、粒なし、ローストピーナッッツの3種類が揃い、そのまま食べても美味しいピーナッツバターはパンに塗るのはもちろん、お料理にも色々と使える万能選手。ピーナッツバターの美味しさに開眼しそうです。

20140728_hnd_3.jpg

[good design market KOK,HAPPY NUTS DAY]



■ あわせて読みたい

愛が訪れるスペシャルストーリー「私はパンツ」8月2日はパンツの日
「しもつかれ」「がね」って何? 共通するのは「うま味」でした
今年の夏、最強のセクシー&ガーリーな浴衣スタイル!
羽田発リゾート行き。「週末は海外で過ごす」が浸透中
暑い日も寒い日もキミがいてくれるから。ありがとう。
MYLOHAS

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ