Amebaニュース

超嬉しい!生理になっても快適に過ごせる「経血コントロール」

7月24日(木) 11:00

提供:
超嬉しい!生理になっても快適に過ごせる「経血コントロール」

みなさんは、”経血コントロール”を知っていますか?
最近、経血をうまくコントロールして、快適に生理期間を過ごしている女性が多いのだそうです!
そこで今回は、看護師の柿沼りえさんから、”経血コントロール”について教えていただきました。

■ネット上の”経血コントロール情報”は間違いだらけ!
生理になると、腰が痛くなったり、イライラしたり、漏れが気になったりして、とにかく面倒ですよね……。そのため、経血が自分の思い通りになるだけで、かなり楽になります。
それで、中には既に経血コントロールについて、インターネットでチェック済みの女性もいるのでは?
でも、それらの情報を鵜呑みにするのはちょっと待って!
柿沼さんによると、「”経血をためておいて、トイレに行ったときにおしっこみたいに出すこと”という認識が広まっているけれど、これは合っているところもあるが、若干解釈が違う」とのこと。
どういうことなのでしょうか?
「まず、じゃんじゃん経血の出ている時間帯におしっこと一緒に数時間ためて、自分の都合のいい時間にだけトイレに行って出す、というものではありません」
ガーン! ビックリですよね。
なんと、経血コントロールには、子宮とそのまわりの臓器を支える働きをする骨盤底筋群を鍛えることが必要不可欠。
しかし、「いくら骨盤底筋群を鍛えて、勝手に漏れてこないようにしても、もともと溜めておける容量があるので、溜まりすぎるともちろん出てしまう」そうです。
また、出さないように、無理に締めすぎるのも身体によくありません。柿沼さんいわく、「子宮も子宮周りも凝って、カチカチになることで、逆に締められなくなり、冷えも進んで生理痛も起こります」とのこと。
これでは、本末転倒ですよね……!

■本当に正しい経血コントロールとは力を抜くとうまくいく
それでは、正しい経血コントロールはどのようにすればいいのでしょうか? 生理の仕組みという”そもそもの部分”から、順番に教えていただきました。
「女性の身体は毎月妊娠の準備をしています。排卵後に子宮の内膜を厚くして、受精卵を迎えて赤ちゃんを育てるためのフカフカのベッドを作って待っています。
受精卵が着床しないと、そのベッドの役割の厚くなった内膜を子宮から体の外に出す、これが生理です」
現代の私達は、初潮を迎える前から「経血はナプキンに吸わせて、汚物として丸めて捨てる」と習いますよね。そのため、ナプキンが当たり前と思っています。
しかし経血コントロールでは、「子宮が収縮するタイミングに合わせてトイレでどんどん出していく」のだそう。
このとき、経血を出さないように意識しすぎて、膣を締めすぎないようにすることが大事。締めすぎると、子宮の筋肉まで緊張してしまい、子宮は冷えて硬くなり、うまく内膜をはがせなくなります。
すると、生理痛が起こったり、経血が長い期間出たり、自然なリズムが保てなくなり、逆効果になるそうです。注意しましょう。

■経血コントロールのイメージは巾着袋とほとんど同じ
続いて、柿沼さんから、経血コントロールのイメージをわかりやすく教えていただきました。「膣を巾着袋に例えて、巾着袋の紐をキュッと締めて、膣の入り口だけを軽く締めておくイメージ」だそう。
また、「何も意識しないでナプキンを当てて、そこに経血を吸わせている状態は”風邪で鼻がぐじゅぐじゅのときに、ただ出てくるものをティッシュで拭っているだけ”と同じです。
これだと、すっきりしませんよね? そんなときどうしていますか? ティッシュで鼻をかんで出しきって、また溜まってきたらチーンと鼻をかみますよね?これが経血コントロールのイメージです」とのこと。
これなら、わかりやすいですね!

■経血を出すときによく観察してみるのがオススメ!
最後に、柿沼さんから「経血をトイレで出すときは、ぜひ、出ているところを見て、経血の色や量、硬さなどを観察してみてください」と教えていただきました!
ナプキンに吸わせてしまうと、観察することもほとんどないですよね……。
生理は、食生活を反映していて、体の通信簿とも呼ばれているのだそう。よって、お肉や乳製品に偏っているときは、赤黒い粘度の高い経血が出ます。
そして、バランスのいい食生活で過ごすと、鮮血でさらっとした経血になるため”合格点”をいただいたようで、とても嬉しい気分になれるのだそう。自分の体を知るために、よく観察していきたいですね!

いかがでしたか? 生理は女性である限り、まだまだ続きますが、できれば憂鬱な気持ちではなく、楽しい気持ちで過ごしたいですよね。
柿沼さんは経血コントロールセミナーをされているので、興味のある方はぜひ参加して話を聞いてみてくださいね!

【取材協力】
※ 柿沼りえ・・・看護師。経血のコントロールができるようになる「経血コントロールセミナー」や、小学4年生から参加できる「女の子とお母さんのための生理のお話セミナー」を主宰している。
ニックネームは『お股番長』。オリジナルのプロデュース布ナプキンも大人気。セミナーは、ご依頼があれば全国出張いたしますので、お気軽にどうぞ。
ブログ『お股のことならお股番長に華麗にお任せ♪』からも生理にまつわる情報を配信中。

【参考】
※ 柿沼さんプロデュースの布ナプキンネットショップ『*hug hug*』

【関連記事】
超簡単!野菜ジュースにちょい足しするだけでできる健康ドリンク
自宅で座ったまま簡単にできる!歪んだ骨盤を元に戻す方法
砂糖は太るだけじゃない!実は現代人の「体調不良」の原因だった
生理で悩む人ほど今話題の「経血コントロール」がいい理由
普段何となくやりがちだけど「実は赤ちゃんの健康に悪いもの」6つ
It Mama

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ