Amebaニュース

吉永小百合、仏語習得に意欲!「ふしぎな岬の物語」引っさげ、モントリオールへ

7月16日(水) 16:01

提供:
 女優の吉永小百合が7月16日、都内で行われた主演作「ふしぎな岬の物語」(成島出監督)の完成報告会見に、共演する阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶とともに出席した。8月21日からカナダで開催される第38回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門への出品が決定しており、吉永と阿部が現地入りする予定。吉永は「あちらはフランス語圏で、フランス語の挨拶をしなければいけないので今から練習したい」と仏語習得に意欲を燃やしていた。

【フォトギャラリー】「ふしぎな岬の物語」会見の模様

 関係者によると、吉永と阿部は本作の上映が行われる8月29日を目指し、現地入りする予定だという。コンペティション部門の結果は、日本時間9月2日早朝に発表される。「僕もフランス語を勉強しないとマズイかな」と頭をかく阿部は、「幸せな気持ちになれる映画で、役者としても人生においても、宝物になった。海外の皆さんの反応も知りたいですし、いい結果になれば」と受賞に期待を寄せた。

 映画は実在する喫茶店をモチーフにした森沢明夫の小説を原作に、のどかな岬で喫茶店「岬カフェ」を経営する女主人・柏木悦子(吉永)とそこに集う常連客の悲喜こもごもを描く。吉永が自ら企画から立ち上げた初プロデュース作で、「撮影が終わった1カ月間は、週6回、編集やラッシュ、音入れに立ちあった。新米プロデューサーとして、スタッフさんの大変さを知ることができた」と苦労を明かした。それだけに、モントリオール入りにも気合いが入る。

 竹内は「女優である以上、一度はご一緒したかった」と吉永との初共演に、強い思い入れを示し、「まるで(吉永演じる)悦子さんがいれるコーヒーのように、一滴一滴に感情がつまった大好きな作品。こちらが緊張しないように、誰よりも気をつかってくださった」と感謝しきりだ。

 吉永と3度目の共演を果たした鶴瓶は「一緒にモントリオールに行きたい」とうらやましそうに語り、「今回はお互いに思いを寄せ合う役柄。現場では小百合さんが手を握ってきたり、僕の本名を呼んでくれたり、『ほんまにおれのこと、好きちゃうかな』と思う瞬間があった」と満面の笑みを浮かべていた。

 「ふしぎな岬の物語」は10月11日から全国で公開。

【作品情報】
ふしぎな岬の物語

【関連記事】
【予告編】「ふしぎな岬の物語」
吉永小百合、映画人生55年で初プロデュース!成島出監督と共同で製作
成島出監督×吉永小百合「ふしぎな岬の物語」モントリオール世界映画祭に出品
映画.com

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ