Amebaニュース

富裕層なのに「仕送り0円」の女子大生

6月17日(火) 9:00

 4月から新生活を送る大学生も2カ月が経過し環境にも慣れてきたところだろうが、近年は自宅外生の仕送り金額が減少しているとの調査結果が出ている。少しくらい裕福な家庭でも、2人以上の子供の進学を考えた場合はなかなか楽ではない。その一方で、富裕層世帯では、また別の悩みも抱えていることもあり、仕送り「0円」という例もある。それはなぜか?

■バブル以降下がる仕送り

 まず、仕送り金額は景気に敏感なものだ。ただし、それは年収1000万円レベルの家庭についてだが。

 引っ越しサイト「引越し侍」が行った「初めての一人暮らしに関する調査」(1469人対象)によると、仕送り平均額は毎月6万3333円。バブル期だった80年代後半には8万2590円だったが、それ以降はずっと下がり基調なのだ。

 また、東京大学生協が行った調査によると、下宿生の毎月の仕送り額は10万5160円。それに対して生活費は14万3380円となっている。アルバイト、もしくは奨学金など何らかの金策を取らなければ赤字が続くため、学生も楽ではない。

 一般に東大生の家庭は裕福とされるが、仕送りは楽とは言い切れないようだ。東京大学が2011年に行った「2010年学生生活実態調査」によると、世帯年収950万円以上の家庭が51.8%に上っている。それでも少し裕福なくらいでは、学費、さらには年間100万円以上の生活費の支出は楽ではない。

 神戸のある資産家世帯では、姉は東大に行ったが、妹は自宅から通学が可能な京都大学に行かせたという例もある。東大がいくら国立大と言えども、例えば地方から2人以上を東大に送りこむのは経済的にはアップアップである。学費は仕方がないが、生活費はなかなか厳しいのである。

 だが、東京に子供を進学させることになった地方富裕層には、仕送り「0円」家庭も存在するのだ。

■マンションとカード

 なぜ、現金を持たせないのか。それは、ドケチだからという意味ではなく、持つ必要性がないからだ。

 つまり、マンションは自宅以外にも東京都内に所有しているものがあるので、そこに住まわせる。生活費だが、クレジットカードを持たせる。そして、使用明細書は親元に届くようにする。これだと現金を持たせる必要はない。現金が欲しければ、自分でアルバイトなどをして稼ぐしか方法はない。

 子供は、金銭的には不自由ないものの、間接的に親の監視下にいるようで意外にも窮屈でもある。

 中部地方のある開業医は、娘を東京の名門私立大学に入学させた際には、この方法を取ったという。以前に長男を東京の大学に活かせた際には生活費を現金で送っていたそうだが、行動が把握しづらかったという反省の意味も込めて、クレジットカードを持たせるという方式を取ったという。

 例えば、毎日朝コンビニで朝食を買っていたら「■月■日■時■分、セブンイレブン■店」などと印字され、ほぼ生活パターンさえも把握できる。また、学校と自宅ともまったく違う方向でのコンビニの消費が増えた、などの兆候が出れば、それは付近でアルバイトを始めた模様だ、などと把握することも可能となる。実はひじょうに合理的な方法なのだ。

■何かあっても兄弟も近くに
 親の目がある以上は、よもや、変な支払い先はないと思われるが、金額と支払い先が明確になるため、多少の無駄遣いをされるリスクなどよりは余程安心だ。

 富裕層にとっては、娘に悪いムシが付かないかどうかもリスク要因であり、それもカードを持たせることで把握することもできる。クレジットカードには、こうした使い方もある。

 付け加えると、兄弟も同じマンションの別の部屋に住んでいるというから、何かあっても安心なのである。きちんとリスクヘッジを行っている。ちなみに、この女子大生は何事もなく、東京での学生生活を送ったそうである。

■ゆかしメディアで人気の記事
富裕層なのに「仕送り0円」の女子大生
資産30億円以上超富裕層8個の特徴
社長力ランキング1位 SB孫正義氏
「仁風林」、超富裕層だけが持つ夢のサロン
こう見えても年収は億越えデス
ゆかしメディア

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ