Amebaニュース

「熱中症に注意しよう!」 武井壮やゆるキャラたちが熱中症予防を呼びかけ

6月10日(火) 14:15

 去る6月8日、都内にて『熱中症予防PR大使 任命式』が行われた。

 同イベントは、熱中症の予防知識を伝える目的で行われている「熱中症ゼロへ」プロジェクト2014の中で開催されたもので、今年で2回目の実施となった。

 今回、熱中症予防PR大使の「ゆるキャラ部門」に選ばれたのは、ちっちゃいおっさん(兵庫県尼崎市)、信くん・謙くん(山梨県)、うながっぱ(岐阜県多治見市)、ぽんちゃん(群馬県館林市)、かいちゃん&つぶちゃん(埼玉県三郷市)、ニャオざね(埼玉県熊谷市)、ゾウキリン(埼玉県新座市)、熱中くん(日本気象協会)の8組。

 熱中症予防PR大使に任命されたのは、“暑さ”で知られる地域や、熱中症対策に力を入れている地域のゆるキャラたちばかり。今後は、それぞれが所属する自治体内でのイベントや、SNSなどを活用し、夏季の間、継続的に熱中症予防のPR活動を行なっていくという。

 また、今回から新設された「タレント部門」には、元陸上競技選手で現在はタレントとして活動している武井壮、「気象予報士部門」には川島未怜氏、「栄養士部門」には木下あおい氏が選出された。各人は、今後さまざまな地域で、熱中症予防の啓発活動を展開する予定とのこと。

 このほか、任命式の会場では、熱中症の正しい予防方法が記載されたリーフレットや、熱中症予防のマスコットキャラクター・熱中くんをモチーフにした商品「携帯型熱中症計 熱中くん」など、熱中症予防に関連したアイテムなどが展示・紹介されていた。

 なお、「熱中症ゼロへ」プロジェクト2014の公式サイトでは、熱中症の症状や熱中症時の応急処置方法をチェックでき、今後はドクターなどの専門家が監修したコンテンツなどが公開される予定になっている。

【関連写真】「熱中症に注意しよう!」 武井壮やゆるキャラたちが熱中症予防を呼びかけ

■関連記事
輻射熱を計測できる黒球温度計を搭載した、家庭向け携帯型黒球式熱中症指数計を発売…タニタ
気象庁、熱中症に関するサイトを開設…5/20より高温注意情報など発表
体調不良や熱中症になっても伝えられない!? 10代男女の約31%がYES
母親が求める熱中症対策、冷房設置率は関東と関西で30%の開き
ダイエットクラブ

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ