Amebaニュース

『ベルばら』新作読み切りで仏革命後のアラン描く!40年ぶりに新刊発売も決定

5月19日(月) 18:17

 5月20日発売の「マーガレット」12号(集英社)に、少女マンガ史上に残る池田理代子の名作『ベルサイユのばら』の新作読み切り「ベルサイユのばら エピソード4」が掲載される。そして、なんと40年ぶりの新刊、『ベルサイユのばら』11巻が発売されることも決定。更に、11巻発売記念として、当時の懐かしいデザインのまま1~10巻が復刊される。

【関連】ベルばら待望の新作読み切り&奇跡の新刊 フォトギャラリー

 『ベルサイユのばら』といえば、1972年4月から1973年12月に「週刊マーガレット」で連載。“ベルばら”の愛称で親しまれ、書籍の累計発行部数は2000万部を超える大ヒット作。過去にはアニメ・映画・宝塚歌劇といった様々なメディア化、現在でもLINEスタンプやかるたといったグッズ化が行われ、今なお高い知名度と根強い人気がある。

 12号に掲載される新作読み切りは、2013年「マーガレット」にて発表された久々の新作「ベルサイユのばら エピソード」以降続く、新作エピソードシリーズの第4弾。今回のエピソードの主役は、衛兵隊でオスカルの部下だったアラン。フランス革命後、自分の愛したオスカルと妹のディアンヌのために動くアランを、“カラー5P+51Pの合計56P”という大ボリュームで描く。

 そして、新作エピソードシリーズを収録した11巻の発売が決定。美麗カラーページもすべて再現し、エピソード1に新たに15ページも加筆した、40年ぶりの奇跡の新刊だ。更に、11巻の発売記念として、当時の懐かしいデザインのまま1~10巻が復刊する。

 ベルばらニュース満載の「マーガレット」12号は5月20日発売。『ベルサイユのばら』11巻は8月25日発売(価格未定)。復刊する1~10巻は7月1日、全巻同時発売(410円/税別)。詳細は本誌、または公式サイトまで。

■関連記事
見応え十分!コミック~舞台~アニメ~現在までの“ベルばら”歴史を「ベルサイユのばら展」と共に振り返る
『ベルばら』池田理代子の描き下ろし! 『ダイアナ』コラボポスター完成
『ベルばら』新作描き下ろしが登場!アンドレがオスカルと出会う前の少年時代を描く
TVアニメ『テラフォーマーズ』今秋放送決定! OVA版はコミックス限定版に同梱
クランクイン!

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ