Amebaニュース

アイドルは業界事情まで告白する方がウケる!? チームしゃちほこが野菜生活でいきなりタイアップ宣言

5月16日(金) 12:00

「スターダスト芸能3部の勢いハンパないよね……」

スターダスト、とは『スターダストプロモーション』という芸能事務所のことで、そこの『芸能3部』には、柴咲コウや北川景子といった女優を始め、ももいろクローバーZや、私立恵比寿中学などブレイク中のアイドルが多数所属している。
事務所くくりでのライブもおこなわれており、この2組に、チームしゃちほこ、たこやきレインボーといった妹分グループを加えたライブイベント『俺の藤井2014』のDVDも目下ヒット中だ。

ちなみに、冒頭の発言は業界関係者ではなく、一般のファン男性によるもの。いまや、一般のファンたちも、事務所内の関係性や、「ここの企業とこの事務所つながり深いよね」といった、表面的なものだけではない、いわゆる“大人の事情”にも敏感になってきている。
そんな中、今年の正月にはジャニーズ事務所のタレントたちがコント番組においてバーター(業界用語で、同じ事務所のタレントを束で出演させること)をネタにしたコントを放映し、話題に。勝手に勘ぐられるよりも、ネタにしてしまった方が面白いし、かっこいいという流れもできてきている。

その流れの延長か、この度、自ら「タイアップー!」と宣言するアイドルが登場。それが、冒頭にもあげた、スターダストプロモーション芸能3部所属、名古屋を拠点に活動する6人組アイドルグループ、チームしゃちほこである。

歌詞の冒頭が「タイアップ」で始まるのは、チームしゃちほこの新曲『チームしゃちほこの野菜生活体操』だ。5月14日発売のメジャー3rdシングル『いいくらし』の名古屋・会場限定盤に収録されている。

さっそく「チームしゃちほこの野菜生活体操」のプロモーションビデオを見る!

曲名からもわかる通り、これはカゴメの「野菜生活100」とのタイアップソング。プロモーションビデオ内では、ジャージ姿の6人がそれぞれ6色のカラーのジャージを着て、元気に踊りだす。カラフルな21種類の野菜と3種類の果実をブレンドしたこの飲料と、彼女たちとのイメージはピッタリ。

なにかと あるけど もろもろ
ちょっと いけそうな きがする
なんか げんきでた

という歌詞は、抽象的で、実質何も言っていないに等しいにも関わらず、見終わった後の感想は「なんかげんきでた」。やはりこれは、動画からほとばしる、彼女たちの魅力ゆえのもの。

ちなみに「弱っている時に聞くアイドルソングは麻薬なんだよ」とは、映画『モテキ』にて、ももいろクローバーの『走れ!』を聞いている主人公に発せられる言葉ですが、この曲も、非常に中毒性が高い楽曲。弱っていても、弱ってなくても元気になること必至。

そして、約4分のこの楽曲のPVに見入ってしまうのは、やはり冒頭のタイアップ宣言で、惹きつけられているがゆえ。曲も終盤になり、3分30秒を過ぎたあたりで出てくる「そーこのきみとタイアップ!」という瞬間には、もうタイアップという言葉が、とても素敵なものに聞こえてきてしまう……。

同じ言葉の届き方を変えてしまうほど、エポックメイキングともいえる、カゴメとチームしゃちほこの、この野菜生活体操プロジェクト。もちろん、この記事もタイアップです!

【PR】 (文:霜田明寛

■関連リンク
チームしゃちほこと野菜生活しよう!特設サイト
「チームしゃちほこの野菜生活体操」レクチャービデオ

■そのほかのソーシャルトレンドニュースを見る
・映画『WOOD JOB!』が教えてくれる“若者が成長できる唯一の方法”
・JK時代から歴10年の「相棒」オタクが紹介♡ 「相棒」の魅力はこれだ!
・音楽的黄金期再び!“みんなが花”から“みんなが奇跡”へ SMAP新曲は『世界に一つだけの花』以来の全人類肯定歌

ソーシャルトレンドニュース

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ