Amebaニュース

意外と知らないマナー「骨揚げでのど仏を拾うのは最後」

5月6日(火) 11:18

「骨揚げ」とは、火葬後に骨を箸で骨壷に納めること。2人1組になって、お骨を一緒に挟むことを「はし渡し」といい、故人をあの世に「橋渡し」するという意味が込められています。

地域によって異なることもありますが、喪主が最初に歯を拾い、その後親族や近親者が足から腕、背、胸へと骨を拾っていきます。最後に拾うのはのど仏。この骨は仏が合掌しているように見えるといわれていますが、実際には第二頸椎をのど仏としているようです。

この形がきれいに残っていると成仏できるといわれています。

(OFFICE-SANGA)

関連リンク
間違いやすいマナー「ご冥福をお祈りしてはいけないの?」
葬儀業界で飛び交う隠語「社長はただいま、山に行っております」=?
場違いな服装で恥ずかしい思いをした経験は? 「葬儀にスニーカー」「平服を勘違い」
マイナビウーマン

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ