Amebaニュース

スズキ・ワゴンRは全世界で35万台販売

4月24日(木) 8:03

提供:
軽自動車といえば日本独自の規格で、グローバル展開のしづらい商品企画としてガラパゴス化の代表例としてあげられることもありますが、軽自動車と同じ全幅・全高のワゴンRがパキスタンで生産、販売されています。

スズキのパキスタン子会社であるパックスズキ社が生産する小型車「ワゴンR」は、軽自動車を改良したもので、全幅と全高は日本の軽自動車「ワゴンR」と同じ寸法ということです。ただし、パキスタンでの環境にあわせて排気量1.0リッターのエンジンを搭載するために、エンジンルームが205mmほど伸びているそうです。

軽自動車の「ワゴンR」をスズキの海外生産拠点で生産するのは、インド、インドネシアに次ぎ、パキスタンで3か国目。ちなみに、2013年(暦年)のグローバル市場における軽自動車ベースの車両の販売台数は約132万台(日本:62万台、海外:70万台)と海外でのセールスのほうが多く、およそ35万台(国内18万台)が「ワゴンR」ベースのモデルだったということです。

軽自動車そのものでなくとも、プラットフォームやボディなどその基本技術をベースとした小型車は世界的にニーズがあるといえそうです。

■関連記事
2013年度の新車販売は軽自動車とハイブリッドがトップ10独占だった!
http://clicccar.com/2014/04/09/251599/

2014年3月軽自動車セールスランキング、トップはダイハツ・タント
http://clicccar.com/2014/04/07/251372/

(山本晋也)


【関連記事】
スズキがマイルドHV採用で軽自動車の燃費を40km/L台へ!
2013年度の新車販売は軽自動車とハイブリッドがトップ10独占だった!
2014年3月軽自動車セールスランキング、トップはダイハツ・タント
Amazonの箱入りで納車されたら巨大ダンボールはどうなる?【動画】
ダイハツ・コペン、2014年6月発表!
clicccar

スポーツ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

スポーツアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ