Amebaニュース

保田圭、夫・小崎陽一氏とツーショット披露「神様ありがとう」

4月20日(日) 5:00

提供:
 タレントの保田圭が4月19日、婚活の過程をつづったエッセイ「美ブス婚-最下位娘。の婚活物語-」(ワニブックス刊)の発売を記念し、都内の書店でサイン会を行った。急きょ、同行していた夫の小崎陽一氏も取材に加わり、保田は「『神様ありがとうございます』という気分。一生独身で老後はひとりかもと思っていた時期もあったけど、素敵な人に巡り会えた」とノロケながら、「主人が読むことを考えずに書いたので、できれば主人には読まないでほしい(笑)」と本音を明かした。

【フォトギャラリー】保田圭、その他の写真はこちら

 昨年5月、イタリア料理研究家の小崎氏と入籍し、今や“勝ち組”としてもてはやされる保田が、婚活成功までの道のりや苦労を赤裸々につづり、エッセイを通じてモテない女子や婚活に苦戦している女性にエールを送る。

 保田は、国民的アイドルグループ「モーニング娘。」としてデビューしながらも、“ブスキャラ”で人気を博すという異例の元アイドル。グループ卒業後も舞台やドラマ、バラエティ番組など多方面にわたり活躍中だが、「一番輝いているのは今。『モー娘』時代はギラギラはしていたけど、キラキラという感じではなかった。今はとってもハッピーに過ごしている」と幸せオーラ全開だった。

 タイトルに込められた“ブス”というキーワードについても、「最初の頃はブスと呼ばれ落ち込んでいたけど、今はそれが私なんだと思っている。主人とお義母様、ファンの方にはごめんなさいという気持ちだけど、読んだ人が『圭ちゃんでもこんな風に結婚できたんだ』と気が楽になってもらえたらうれしい」とポジティブ。小崎氏は、妻がブスと呼ばれることについて「微妙は微妙。打ち合わせ中も編集の方が『ブスブス』言うので、人の奥さんを『ブス』っていうのはどうなのかな」と苦笑いを浮かべながら、「かわいいし優しいし、何にでも一生懸命なので尊敬している」と妻を気づかった。保田は、子どもの予定も「今のところいないけど欲しいですね。そういう話はずっとしている」と前向きだった。

 また、喉頭がんで闘病中のつんく♂とは「バレンタインデーとホワイトデーにやり取りはしたけれど、最近は連絡を取っていない。治療に専念されていると思うので、何かしら変わったことがあれば連絡をいただけると思う」と恩師を案じた。

【関連記事】
元「モー娘。」保田圭「幸せですいません」とノロケ連発
元モー娘。矢口、結婚披露宴に向けサプライズ演出を模索中?
つんく♂、映画ヒットのため元モー娘。メンバーの熱愛を希望
壇蜜、恋は「つまみ食い程度がちょうどいい」
映画.com

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ