Amebaニュース

小栗旬、青木崇高との仲良しぶりに共演者から嫉妬? 波瑠「疎外感を感じてます」

4月3日(木) 16:11

 俳優の小栗旬が3日、都内で行われた新ドラマ『BORDER』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の記者会見に、共演の青木崇高、波瑠、古田新太、遠藤憲一らと出席。ロケ現場の雰囲気などを語った。

【関連】小栗旬、青木崇高、波瑠らが出席した『BORDER』制作発表記者会見フォトギャラリー

 本作は、直木賞作家・金城一紀が手掛けるオリジナルドラマ。死者と対話できる能力を手にした刑事・石川安吾(小栗)が被害者の無念を晴らすため、さまざまなボーダーで葛藤しながらも立ち向かう姿を描く。

 石川役は、金城が小栗を思い描いてアテ書きしたという。小栗はその話を聞いて、「台本を読ませてもらったとき、すごい面白かったです」とニコリ。さらに、「先程、第1話を見たら、硬派なドラマなっていましたが、もしかしたら、コメディっぽい部分もあるかもしれない。いずれにしても、視聴者の皆さんには楽しんでもらえると思います」と本作をアピールした。

 また、「作品は硬派ですが、楽しい雰囲気の現場です」と話す小栗に青木は「小栗くんは、人の心をスパイクではいってくるような感じです」とチクリ。その様子を眺めながら、波瑠は「小栗さんと青木さんは、すごい仲良しで楽しそうです。いつも疎外感を感じてます」とボヤいていた。

 小栗が「波瑠さんは、夜10時を過ぎると眠そうなんです。飲みに誘ったら悪いだろうなと思っているんですよ」と諭すように話しかけたが、今度は古田が「いいなあ。俺、役柄上、このドラマでは小栗としか会ってないからなあ。一緒に飲みたいなあ」とつぶやいた。遠藤は「50過ぎてから酒が残るようになったので、僕はお断りしてます。でも、タイミングのいい時があれば、皆さんと飲みたい」と話していた。

 ほかにも、遠藤は「このドラマを始める前に、体つくりのためにウォーキングを始めたんですよ。刑事役ですからね。そしたら途中、パトカーが走ってたのに気付いたんですけど、急に僕の横に横付けしてきたんですね。そしたら、職務質問を受けましてね。『役者やってます』と言ったら、『ああ、Vシネの人』って言われました。もし特別な能力を身につけることができるなら、職務質問されないような甘いマスクがほしいです」とエピソードを交えて笑いを誘っていた。

 テレビ朝日系木曜ドラマ『BORDER』は、4月10日21時放送スタート。

■関連記事
2014年・春の新ドラマ 豪華キャストフォト特集
小栗旬、「オレ、桃太郎だぜ!」ペプシネックス新CMで意外なキャラクターに!
小栗旬と夏目三久、『映画ドラえもん』最新作のゲスト声優に決定
超豪華キャストで『ルパン三世』実写化!小栗旬が8kgの減量でルパンに挑む!
クランクイン!

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ