Amebaニュース

永住するならどの都道府県がいいランキング - 都会vs田舎、軍配はどっちに?

3月28日(金) 13:15

都会の生活は便利だけど、人が多くて疲れる。将来は田舎でのんびり暮らしたいなぁ……。あなたはそんな風に「永住の地」について考えたことがあるだろうか? マイナビニュース会員の男女400名に聞いてみた。

Q.永住するならどの都道府県がいいですか?

1位 東京都 21.0%

2位 沖縄県 10.2%

2位 神奈川県 10.2%

4位 北海道 8.2%

5位 福岡県 4.2%

5位 京都府 4.2%



■東京都

・「老後になっても生活が楽そう」(29歳男性/金融・証券/販売職・サービス系)

・「暮らしやすい! 何でもある!」(27歳男性/その他/その他)

・「老後は、車に乗らなくても生活ができる場所がいい」(50歳以上男性/電機/技術職)

・「交通が発達しており、歳をとっても生活しやすそう」(28歳女性/医薬品・化粧品/営業職)

・「実際に住んでいてとても便利! 東京都は田舎のこじれた人間関係とも無縁だと思う」(25歳女性/その他/その他)

・「とにかく何でもあって便利、年寄りに田舎暮らしはきついと思う」(40歳女性/マスコミ・広告/事務系専門職)





■沖縄県

・「寒いのが苦手だから」(35歳男性/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「気候と人が良さそう」(39歳男性/その他/販売職・サービス系)

・「旅行に行った時にそう感じたから」(24歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「沖縄タイムでゆったり暮らしたい」(28歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「年中過ごしやすい気候で住みやすそうだから」(26歳男性/情報・IT/技術職)

・「永住と考えると暖かいとこがいいと思ったから」(43歳男性/情報・IT/技術職)





■神奈川県

・「鎌倉が好きだから」(31歳女性/医療・福祉/専門職)

・「山も海もあり、東京都にも近く住みやすい」(27歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

・「気候もよくて、都会過ぎず、東京都にも近いから」(31歳女性/医療・福祉/専門職)

・「適度に自然が多そうだから」(31歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「横浜の風景は都会的なだけでなく上質な雰囲気だし、鉄道も多くて便利そうだから」(24歳男性/その他/その他)

・「歴史や温泉が好きなので趣味も楽しめそうで、なおかつ都市もあるので生活にも不便しない」(28歳女性/団体・公益法人・官公庁/その他)





■北海道

・「カニが食べられるから」(30歳男性/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「小樽に住みたいと思ってます」(33歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「一生北海道がいいです!」(25歳女性/医療・福祉/営業職)

・「食べ物もおいしいし、自然も多いからのんびり過ごせそう」(29歳女性/通信/販売職・サービス系職)

・「寒いのは割と得意だし、単身でも解決できることが多そうだから(冬場は外へ出にくいので)」(34歳男性/その他/その他)

・「遠いけど、ある程度都会的なところもあるのでなじめそうな気がする」(30歳女性/医療・福祉/事務系専門職)





■福岡県

・「都会だし物価は安いし、人は温かいし住みやすい」(27歳男性/金融・証券/営業職)

・「温暖そうだし、自然も近いし、適度に都会だから」(37歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「場所さえ間違えなければわりと住みやすい」(25歳男性/食品・飲料/技術職)

・「温泉もあるし、食べ物もおいしいから」(26歳女性/通信/販売職・サービス系)

・「食べ物もおいしくて安く暮らしやすいから」(29歳男性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「程よく都会で買い物しやすく、食べ物がおいしい、交通の便がいい、関東に比べて物価が安い」(29歳女性/医療・福祉/事務系専門職)





■京都府

・「自然も多くほどほどに都会だから」(32歳女性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「古い街並みがたくさんあって落ち着くから」(49歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「雰囲気が好きだから」(48歳男性/情報・IT/技術職)

・「歳を取ってからが楽しそうだから」(31歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「趣があってよさそう」(34歳男性/機械・精密機器/事務系専門職)

・「たくさんの文化や行事があって、ずっと住んでいても新しい発見がありそうだから」(22歳女性/その他/その他)





■総評

永住したい都道府県、第1位に輝いたのは「東京都」だった。理由は主に2つで、ひとつは「交通機関が充実している」こと。そしてもうひとつは、お店が多いので「買い物が便利」ということだった。「老後は便利なところが一番」ということで、何でもそろっている東京都を選択した人が多いよう。また、医療機関が多いこともメリットとして挙げられていた。

第2位は「沖縄県」。温暖な気候とゆったりとした雰囲気に憧れを抱く人が多く「最高の余生が送れそう」と絶賛の声も。スギ花粉が少ないこと、長寿が多いことなども魅力のようだ。更に同率で2位に「神奈川県」がランクイン。とりわけ横浜に憧れを抱く人が多く、主な理由は「おしゃれなイメージが強いから」。東京都に近いがそれほどゴミゴミしていない点も、住みやすそうなイメージにつながっているようだ。

4位は「北海道」。北海道の魅力は何といっても豊かな自然とおいしい食べ物だが、「害虫(ゴキブリなど)が少ない」との理由を挙げる人もいた。そして、5位には「福岡県」と「京都府」が同率ランクイン。福岡県は食べ物がおいしく、程よく都会的である点、京都府は落ち着いた町並みなどが評価されていた。

今回は惜しくもランク外だったが、「晴れの国」岡山県や、自然豊かな宮崎県、都心にも近い埼玉県なども挙がっていた。あなたは永住の地をどこにするか決めているだろうか?

調査時期:2014年3月3日~2014年3月4日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男女400名

調査方法:インターネットログイン式アンケート

※写真は本文と関係ありません

【拡大画像を含む完全版はこちら】



ライバル関係にある都道府県ランキング - 東京vs大阪は鉄板だが4位にも納得
芸能人を多く輩出してそうな都道府県ランキング - 東京と大阪の間にあの県!
親にプレゼントしたい国内旅行ランキング - 親思いのコメントに目頭が…
恋人との初国内旅行で行きたい都道府県ランキング - 1位では男性の下心も!?




マイナビニュース

国内新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

国内アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ