Amebaニュース

フリーランサーに聞いた!キャリアアップのためにしていきたい勉強は「仕事現場で使えるスキルやノウハウ」~ランサーズ株式会社調べ

3月18日(火) 18:47

クラウドソーシングサイト「ランサーズ」を運営するランサーズ株式会社は、株式会社ベネッセコーポレーション協力のもと、同社において「受注実績1回以上」「本人確認済」のフリーランサー150名を対象に学習実態調査を実施、結果を公表した。調査期間は2013年9月~2013年10月。

“現在”、学力アップや キャリアアップのためにしている勉強については、半数以上を占める86名が「仕事現場で使えるスキルやノウハウ」と回答。「健康や内面の魅力を高めるために勉強」(39名)、「語学」「特に勉強はしていない」(各 33名)と続いた。

“今後”学力アップやキャリアアップのためにしていきたい勉強について最も多かったのは、こちらも「仕事現場で使えるスキルやノウハウ」(113名)。2位は「語学」(56名)、3位は「健康や内面の魅力を高めるために勉強」(49名)となった。

「現在勉強している」もしくは「今後勉強をしたい」と回答した理由について、最も多かった理由は「現在の仕事の幅を広げるため」の117名。次いで73名が「将来的に携わりたい仕事に役立てるため」と回答、3位は「業務上理解することで、現在の仕事が進めやすくなるため」(67名)となった。

現在の学習環境や学習方法について、「満足している」(「とても満足している」「満足している」の合計)と回答した割合は47%。これに対し「満足していない」(「満足していない」「全然満足していない」の合計)と回答した割合は33%であった。満足していない理由についての1位は「仕事などで十分な時間を確保できていないから」(39名)。以降「わからないことを質問する先生がいないから」(21名)、「コストが高いから」(16名)が続いた。

1か月にかける費用については、「1,000~4,999円」なら支払っても良いと回答した割合が最も多く28%。次いで多かったのが「5,000~9,999円」の26%となり、「10,000円以下」と考えている人が半数以上いることがわかった。

学習サービスを選ぶ上で重要視することとしては、「自分のレベルにあった学習ができる」(95名)が最も多く、次いで「問題のクオリティが高く、解説がわかりやすい」(67名)、「わからないことを直接教わることができる」(43名)という結果となった。

関連リンク
やる気が自然と沸いてくる勉強のテクニック
社会人に聞いた!大学時代の後悔1位「勉強」2位「語学習得」
勉強したくないなと思った時に。モチベーションの上げ方「できることから、まずやる」
マイナビウーマン

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ