Amebaニュース

iPhoneのホームボタンをトリプルクリックすると何かが起こる!「ショートカット」機能を使ってみよう

3月7日(金) 15:19

提供:
―ホームボタンを3回クリックするとiPhoneに何かが起こる。
 iPhoneにある「ショートカット」という機能をご存知でしょうか。
 常に役立つといういうわけではありませんが、こんな事ができるの!?という意外な機能が盛り込まれているんです。
 もしかしたらあなたの知らないiPhoneの一面を垣間見れるかもしれません。

~使えるように設定をしよう~

1 「一般」→「アクセシビリティ」へ。

2 最下部にある「ショートカット」をタップ。

3 ここでトリプルクリックした時に起動する機能を設定できます。
 タップをして任意の機能にチェックを入れましょう。チェックを外せばオフになります。

 とはいえ、名前だけではどんな機能かわからないものもありますよね。
 一体どんなことができるのでしょうか。

~ショートカットで設定できる機能をざっとご紹介~

■ズーム機能
 名前の通り、iPhoneの画面をズームできます。任意の場所を長押しすることで画面を移動させることができます。

■色を反転
 ズバリ画面の色が反転します。晴れた日の野外などで眩しくて見づらい時に使えます。

■Assistive Touch
 ホームボタンの操作を画面タッチで行える機能です。
 画面に現れる四角いアイコンをタップするとメニューが現れ、タッチで各操作が行えます。
 ホームボタンが壊れた時に代打として使用している人も多いようです。

■VoiceOver
 iPhoneの操作を音声で読み上げてくれる機能です。ホームのアイコン名やキーボードの文字を読み上げてくれます。
 音声のピッチやスピードは「一般」→「アクセシビリティ」→「VoiceOver」から変更できます。

■スイッチコントロール
 外部機器やカメラなどで手を使わずにiPhoneの操作ができる、身体が不自由な人のための補助機能。
 あらかじめ設定が必要になります。

 ここでは一例として頭の動きによる操作の設定してみます。

1「一般」→「アクセシビリティ」→「スイッチコントロール」へ進み、オンにします。

2「スイッチ」→「新しいスイッチを追加」

3「カメラ」→頭を右に動かすか、左に動かして操作するかを好みで選択します。

4後は頭を動かして起動する機能を選択します。通知センターやSiriを起動するなどお好みで。
※インカメラに向かって頭を動かせば、設定したアクションが実行されます。端末からなるべく近くで行った方が認識されやすいです。

 このように「ショートカット」は身体機能のサポート機能がメインですが、iPhoneを触れないときなどに役立ちますよ!
 ぜひこの機能の存在を頭の隅にとどめておいてくださいね。

元の記事を読む


【関連記事】
iPhoneで手書き文字入力をしよう!これで難しい漢字もラクラク入力できるぞ
Phoneにきみのビートを刻め!バイブのパターンを好みでカスタマイズする方法


meet i

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ