Amebaニュース

5000人に指導したダイエットの女王が教える、美しさを作る意外な食べ物「焼肉」「寿司」

3月1日(土) 6:45

30代は“若さの別れ道”って聞いたことありますよね? でも、どんな努力をすればエイジングケアにつながるのかわからないという人も多いのでは? 30代目前の人、あるいは現在30代の人のために、『コミックエッセイ なぜこれでキレイになれるの?』でも人気の美容・ダイエットカウンセラー、伊達友美さんに、気になる美の秘訣を聞いてきました。

これまでに、美容やダイエットに関する悩みを持つ方約5,000人への栄養指導を行ってきたという伊達さんによると、「若いうちから老化症状が表れている人は、食にまったく気を遣っていないか、気を遣いすぎているかのどちらか」なのだそうです。

前者には納得。しかしなぜ、美容に気を遣いすぎることがよくないのでしょうか?

「美容マニアといわれる人たちは、“肌によい”といわれると、それが自分に合っているか合っていないかは二の次で、とにかく摂り続けてしまいがち。でも、その人に合っていないものを食べつづけることによって、老化が加速することだってあるんです」(伊達さん)

■おいしいと感じるものを食べるのが正解

身体に合っていないものを食べると、内臓に負担がかかり体調がすぐれなくなるばかりか、思考に悪影響を及ぼし、ネガティブな気分に陥ることだってあるのだとか。

でも、自分に合っているかどうかを見極めるのって難しそうなのですが……。

「見極める方法はすごく単純で、“食べたときにおいしいと感じるかどうか”。たったこれだけなんです。口に合わないものは、身体が必要としていないものですから。

たとえば、ヨーグルトは便秘や花粉症を改善してくれる食べ物だという認識をお持ちの方も多いと思いますが、実は、ヨーグルトを食べ続けて便秘になっている人だっているんです。乳製品が身体に合わないという女性はすごく多いので、毎朝のヨーグルトをやめるだけで体調がよくなるケースが多々あります」(伊達さん)

大人になっても嫌いな野菜がある人もいるが、実はそれだって、その人の身体に合っていないからかもしれないということだ。

■野菜中心にすればいい、は間違い!? 焼肉、寿司がおすすめ

「肉を控えて野菜中心の食事をすれば健康を保てると思っている人もいますが、これも間違い。肉は良質なタンパク質だから、味が好きなら積極的に食べていいんです。なぜなら、人間は動物なので、動物性のタンパク質のほうが吸収率がいいから。タンパク質が不足すると、代謝も落ちるし、キレイな肌や髪を作ることができません」(伊達さん)

ちなみに伊達さんによると、トップクラスの女優やモデルは、肉が大好物であることが多いそう。そういえば、叶姉妹も、TVでよく、肉が大好きだという話をしていますよね。

「質のよい肉をいただいた翌朝は、肌の調子がツヤツヤ……なんて経験をしたことがある人は多いと思います。特に、焼肉屋に行った翌朝には、驚くほど肌のハリツヤを感じることが多いもの。なぜかというと、焼肉店では、肉だけでなく発酵食品であるキムチも食べるので、腸内環境が知らず知らずのうちに整っているからなんです。

それと、外食するならお寿司もおすすめ。旬の脂がのった魚には、EPAやDHAなどのオメガ3系の質のいい油が豊富に含まれているから、肌だけでなく髪もツヤツヤになりますよ」。

太る原因として敬遠しがちな食事が、実は美容のためにはとってもよいとは驚きです!

ほとんどの女性は、朝、鏡をみて“今日は肌のハリがいい”“今日は顔色が冴えない”とセルフチェックしていると思いますが、肌の変化を確認した上で、前夜の食べ物が自分に合っていたかどうかの判断までできている人は少ないと思います。

新しい化粧品を使ったときは、“これは自分に合っているからリピートしよう”という判断ができるのに、同じことが、食事に関してはできないなんておかしいと思いませんか?」(伊達さん)

ごもっとも! こんな単純なことになんで今まで気付かなかったんだろう? と目からウロコの女性も多いはずです。

さらに伊達さんは、「食は本能で楽しむものだから、身体で感じて必要だと思うものを食べるのが正解」との持論を提言。確かに、おいしいものを食べて笑顔になれば、心まで元気になれそうです。

■食べる量や食べる時間もこだわる必要なし!?

しかも、1日に食べる量や食べる時間にもこだわる必要はないのだとか。「1日1食でも5食でも問題ありません。一番問題なのは、“18時以降に食べたらいけない”“間食はしてはいけない”と自分で制限をしてストレスをため込むこと。ストレスは美容の一番の大敵です。胃腸も肌も荒れるし、食欲も乱れます。いいことなんてありませんよ」と伊達さん。

なるほど。美しさを保つために大切なのは、ストレスをため込まず、毎日の食事や人生を楽しむことなんですね。

(OFFICE-SANGA)

関連リンク
腹筋運動でお腹は凹まない!? たった4ステップの「正しいお腹の凹ませ方」
専門医に聞く、働く女性の「睡眠の悩み」の今
だから全然ヘコまない!お腹の脂肪減少を阻む5つの悪習慣
マイナビウーマン

関連キーワード

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ