Amebaニュース

もうRetinaディスプレイじゃなくなる!?iPhone 6は量子ドットディスプレイ採用で色再現率を90%以上アップの可能性が

2月24日(月) 12:32

提供:
えっ、もう変わっちゃうの!?

 新型iPhoneに量子ドットディスプレイを採用する可能性があるとForbesが報じています。
 量子ドットディスプレイはAmazonの「Kindle Fire HDX」ですでに採用されている技術。
 色域に関してはRetinaディスプレイ搭載のiPad Airよりもはるかに高いという調査結果も出ています。

色の表現力に秀でた量子ドットディスプレイ

 Retinaディスプレイを含めた液晶画面の課題である、この色域の狭さを克服できるのが、この「量子ドットディスプレイ」なのです。
 量子ドットにすることで表現できる色の幅が広くなり、色再現率を90%以上も向上させることができます。
 実際にAppleは量子ドットディスプレイの実用化に関する特許を複数出願しているので、iPhone 6で目にできる可能性も大いにありうるでしょう。

参考:Forbes、AppleInsider

元の記事を読む


【関連記事】
そっち!?Appleが大量生産していると噂されるサファイアガラスはiPhoneじゃなくてiWatchに採用されるかも!
5.6インチの新型iPhoneは「iPhoneとは別の名前」になる可能性が浮上!


meet i

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ